脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

下駄夫の勘違いシリーズその1 三つ子の魂百まで編

こんにちは!下駄夫です!

今日は下駄夫が2年くらい前まで勘違いしてたことのお話です。

 

「三つ子の魂百まで」ということわざありますよね。

 

ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)

ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)

 

 

あのことわざの意味をけっこう長い間勘違いしてました。「三つ子は百歳になっても仲良し、つまり兄弟・姉妹は性格がにてるから年老いても仲良くできる」みたいな意味だと思ってたんですよね(笑)

 

本当は、「三つ子つまり、三歳くらいのころの性格は百歳になってもかわらない、つまり人の性格って変わらないよね」って意味なんですね。なんかの本を読んでて知りました。誤用しなくてよかったー。

 

皆さんは正しい意味知ってました?