脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

なぜ素人動画投稿者にお金を払うのか? 一つの視点「返報性の原理」

こんにちは! 

 

以前「フリーで利益を生み出す45の鉄則」という本の感想を書きました。

 

 

 

FREEで利益を生み出す45の鉄則

FREEで利益を生み出す45の鉄則

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 この記事の中で、「ネットコンテンツになぜお金を払う人がいるのか?」という疑問への答えがわかった、という話をしました。

 

今回はその具体的なお話です。

 

この本のなかで示されている視点は「返報性の原理」というもの。

「返報性の原理」とは、この本では「人になにかしてもらったら、それに対してなにかお返しをしなければいけない、という気持ちになる」という原理です。

 

これは普通にありますよね。いわゆる「貸し借り」というやつですね。

 

でもその原理がどうしたの?という方もいらっしゃるでしょう。

詳しく説明しますね。

例えばYouTuberやニコ動の動画主が配信した動画が、「この動画すごい金かかってるなあ」「本当に無料でみていいの?」というような、クオリティの高いものだった場合、視聴者は心理的に動画投稿者に「借り」ができるわけです。

なので視聴者の中に心理的な「借り」を返すつもりでお金を払うわけですね。

これは心理的に見れば、という話で、一般的にはそういう状態を「ファンになる」と言いますけどね(笑)

もちろん視聴者全員がファンになるわけじゃありませんし、ファンになっても全員が金を払うわけじゃありません。

 

もっというとこの原理ですべてを説明できるわけでもありません。

ほかの理由でお金を払う人もいるでしょうしね。

 

あくまでもこういう見方もできる、というお話でしかありません。

 

ただ下駄夫的にはすごく腑に落ちたというか。

この「貸し借り」という視点を経たことで、個人的に全然理解できなかった「YouTuberやニコ動の動画主とか、結局ただの素人なのに、なんで金を払うの?」ということに一つの視点を持つことができたので、良かったですね。

 

皆さんはどう思われますか?