脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

いくらなんでも長すぎやしないか? ピータージャクソン版キング・コングを見て思うこと 

こんにちは! 怪獣映画好きの下駄夫です!

 

今回は、映画の「長さ」についてのお話です。

 

2005年の映画「キング・コング」を最近見まして。

 

 

キング・コング (吹替版)
 

 

この映画、面白いんですよ。スペクタクルシーンいっぱいだし、原点の愛に満ちてるし、キャラクターも良いんです。

 

でもね、長いんです。

これ、3時間7分あります。

ちなみに元ネタである、1933年の「キング・コング」は、1時間40分

ストーリも展開もだいたい一緒(だと思うんですけど、1933年版を見たのはだいぶ前なので曖昧)なのに、時間はほぼ倍。

 

この事実に「んー。どうなんだろう?」ってなりました。

いくらなんでも長すぎやしないか?と。

 

どうやら2005年版の監督であるピータージャクソン(ロードオブザリングなどの監督)氏は、「キングコング(1933年版)が一番好きな映画!」と言っているほど、元ネタへのリスペクトがすごいらしい。

だから、切れなかった(カットできなかった)んでしょうね。色んなシーンを。

 

多分ほかの監督だったら、撮影してもシーンを短くしたり、場合によってはシーンごとなくすようなところも、なまじ元ネタへのリスペクトがあるからカットできない。

 

でもこれってどうなんでしょう?

少なくとも「キング・コング」のような商業映画って、監督のためのものってよりも、観客のためのものでしょう。

だってエンタテインメント映画、なんだから。

 

だから監督には、勇気をもってカットしてほしかったなあ。

やっぱり3時間超えはきついですし、そもそも3時間もかける内容でもない気が。

 

だって元ネタは2時間切ってるわけですしね。

 

長けりゃいいってもんじゃないと思うんです、映画って。

やっぱりその映画にあった長さがある。

 

別に長い映画があってもいいんですよ。

 

園子温監督の「愛のむきだし」なんて、237分、約4時間ですからね(笑)

でも、「愛のむきだし」は4時間かける価値のある映画だし、4時間が最適だと思うんです。

 

でも2005年版「キング・コング」はそうじゃないと思うんです。

少なくとも3時間の内容ではない。

まあがんばって2時間半かなあ、って感じ。

 

「じゃあどこをカットすればいいんだ!」って聞かれると困るんですけどね(笑)

 

でも30分でもいいから短くすれば、もっと見やすい映画になったとおもうんですけどね。