ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

宗教勧誘のおじさん・おばさんと話してたら、まさかの展開に!(笑) 奇跡が起きた!

こんにちは!

 

皆さんは、休日に道を歩いていて、宗教勧誘の人に話しかけられたこと、ありますか?

 

 

 

自分は、けっこうあります(笑)

 

何故なんですかね?狙われがちです(笑)

よっぽど人生に不満がある顔をしているのでしょうか?(笑)

 

今回は、そんな宗教勧誘のおじさん・おばさんと話してたら起きた、小さな奇跡のお話です。

以前書いたラーメンについてに記事のように、脚本風にお届けしたいと思います。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

まず状況設定として、自分(下駄夫)は家に帰る途中で、同時に「使用済み天ぷら油」を回収しているところを探していました(笑)

それを前提として上で、お読み下さい。

 

おじさん「宗教とか興味ありますか?」

下駄夫(以下、下駄)「いやあ、特には・・・」

おじさん「そうですか。今ですね、こういう催しをしてまして・・・」

以下、おじさんの演説が続く。

おじさん「という訳でね、ちょっとお話聞きに来ません?」

下駄「うーん。今日はちょっと予定が・・・」

おじさん「そうですか・・・。あ、彼女たちは仲間です」

おばさん1・2「こんにちは!」

下駄「こんにちは(囲まれたよ・・・。やべえな)」

おばさん1「大学生ですか?」

下駄「(個人情報探り出してきやがった。適当に言っとこ)いやー、大学院生ですね(嘘)」

おじさん「へー。H大学?」

下駄「はい(本当)」

一同「おー。」

おばさん2「どうですか?私たちの寺は、H大学からも近いですし?」

下駄「はあ、まあそうですねえ。でも僕もうすぐ引っ越しするんですよ(本当)」

おばさん1「へー。どこに?」

下駄「東京ですね」

おじさん「就職?」

下駄「ですね。文部科学省に(大嘘)」

おばさん2「すごい!公務員試験受かったんだ!」

おじさん「まあでもね、東京にもうちの寺はありますから」

おばさん1「そうよ。電話番号とか教えてもらえません?東京のことも教えられますし」

下駄「いやあ、もうすぐ携帯解約するんすよー(嘘)」

おばさん2「そっかあ。でも近所の人なんだよね?だったら引っ越す前にでも・・・」

下駄「あー、まあ近所ちゃあ近所っすねえ。(本当) (そろそろ帰りてえな、話題変えよ) てか、みなさんも近所の人っすか?」

一同「はい」

下駄「あー、じゃあちょっと聞きたいんすけど、ここら辺にスーパーとかで使用済み天ぷら油回収してるとこあります?」

一同「うーん、ないかなあ・・・」

下駄「まじっすかあー。いやあ、引っ越すんでこの油どっかで回収してもらおうと思ったんすけど、ここらへんのスーパーどこも回収してないんすよねえ・・・」

おばさん2「そもそもスーパーで回収してるの?見たことないわあ」

下駄「え?そうなんすか?地元だとやってたんですけどねえ(本当)。困ったなあ」

おばさん1「あのー、私が預かりましょうか?」

下駄「いやー、悪いすっよ。どっか探しますからー」

おばさん1「いや、そうじゃなくて。私の旦那の会社がそういう油回収して、石鹸作ってるのよ!

下駄「ええ!まじっすか?じゃあ、お願いします!」

 

この後もいくつかやりとりしたんですけど、長くなるのでそこは割愛。

 

それにしても、言ってみるもんですね!(笑)

 

まさか、救いの手がこんなところにあるとは(笑)

 

ちなみに、自分はわりと、宗教系の人の話とかしっかり反応する&聞いちゃうタイプですね。

 

たぶん彼らは本当に善意でやってるんでしょうし、人の善意をあからさまに無下にするのってあんまり好きじゃなくて。

 

まあ、話聞くだけ聞いて、集会とかは絶対行かないし、個人情報もでたらめなこと言うので、彼らにしたらめんどくさい人かもしれないですね(笑)