脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

総統閣下シリーズのパロディに爆笑! 映画 帰ってきたヒトラー 感想!

こんにちは!

 

今回は映画「帰ってきたヒトラー」の感想です。

 

 

この映画は、もし現代のドイツにヒトラーが復活したら?というコンセプトのコメディ映画です。

監督・脚本はデヴィット・ヴェント。

 

内容自体は、コメディであり、同時に皮肉を効かせたものでもあり、面白く鑑賞しました。

 

ただ、ドイツの事は今も昔もあまり詳しく知らないので、100%理解できたわけではないと思います。

現代ドイツにおいて「ヒトラー」という存在がどれだけタブーか、そんな彼が一躍スターになっていく今のドイツってどうなのよ?という製作陣の問いかけは感じたんですが、こういまいち実感としては理解できなかったかなあ。

まあ、それはこちらの不勉強のせいですが(笑)

 

コンセプトとしては、これに近いですかね↓

 

 

これよりは過激じゃなかったですけどね(笑)

 

さて、本作で一番爆笑したのが、いわゆる「総統閣下シリーズ」のパロディシーン

総統閣下シリーズというのは、映画「ヒトラー 最後の12日間」のあるシーンに嘘字幕をつけ、それを動画として投稿したもの。

 

 

主にニコニコ動画などに投稿されていますね。

 

このパロディが終盤にあったんですが、完成度が高くて爆笑ものでしたね(笑)

 

映画自体も壮大なパロディのようなものですし、気になった方は是非。