脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

なぜバイトの彼ら・彼女らは、不適切な動画を投稿してしまうのか? 同世代が考えてみるそうです。

こんにちは!

 

以前こんな記事を書きました↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

今回は、その続きというか、撮った動画をなぜ投稿しちゃったの?ということについて考えてみたいと思います。

 

個人的にはこっちの方が不思議でして。

 

不適切な動画ってわけではないですが、カップルとか仲間内の、その場のテンションで動画は撮ったものの、後で見返してそっと削除するみたいなことは(笑)、皆さんも経験あるんじゃないでしょうか?

 

実際、不適切な動画を撮影してしまったとしても、それを投稿しない限り明るみに出ることはありませんし、こんな動画投稿したとしても、圧倒的にデメリットの方が大きいことぐらい、わかると思うんですけどね・・・。

 

なぜなのか?考えてみたいと思います。

 

(なお、この記事では不適切な行為をする人・撮影する人・投稿する人をあまり区別せずに書いています。

そこら辺は自分がSNSをあまりやっていないので、実感としてよくわかなかったので。

その点はご了承ください。)

 

1.バカだから

彼らのつぶやきをみれば分かりますよね、バカなんですよ。

バカは死ぬまで治りません。

 

2.アホだから

プロフとか見てみて下さい、アホ丸出しでしょ?

何言っても無駄。

 

 

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)

 

 

定番の冗談はこれくらいにして(笑)、本題に入りましょう。

 

3.ネットの怖さを知らなかったから

自分たちの世代は、小学校の頃から、ネットがいかに恐ろしいか、危険に満ちているか、そんなことを叩き込まれてきました。

だから、まともに学生生活を送っていたら、あんな動画を投稿しようとは夢にも思いませんよ。

 

だから、彼ら・彼女らは、よっぽど授業を聞いていなかったのか、そもそも授業に出ていなかったのか、それは分かりませんが、(ある意味)奇跡的なまでに情報リテラシーを養う機会をスルーし続けたんじゃないでしょうかね。

 

だって、同世代として「ないわあ」って思いますもん、心の底から。

 

4.びっくりするほど客観性がないから

自分の行為が社会や他者に対して、「どのように映っているのか?」「どういう意味を持つのか?」ということを、考えられないのか、考える気がないのか。

 

どっちにしろ、自分や仲間内だけの価値観や面白さにしか興味がないのかなあ、と

 

もちろん若者に限らず、人ってそういう客観性のなさみたいなところが少なからずありますが、彼ら・彼女らの場合は、それがあまりにも著しい

 

つまり客観性の欠如てやつですね。

 

ここからは、以前書いた記事の、ある意味続きといえる説をいくつか。

 

6.テンションが上がってしまったから

 テンション上がったまま撮影し、速攻で投稿してしまったパターンですね。

実際にはこういうことが多いんでしょうね。

少しは頭使えよ!って感じですが(笑)

 

7.誰かにやらされていたから

バイト内での権力関係よってやらされていて、それを強要した人物が面白がって投稿したということですね。

そうだとしたら、ひどい話ですよ。

人の一生を台無しにしたわけですからね。

 

8.SNSには投稿されないと思っていたから

仲間内だけで終わり、と思っていたら、頭の悪い奴が面白がって投稿してしまった、と。

この場合は、やりきれないでしょうね。

まあ、そもそもそんなことすんなよ、って話ではありますが(笑)

 

9.ここまで拡散するとは思っていなかったから

これは言い訳みたいな感じでよく言われることですよね。

ちょっと考えればわかるだろう、と思う反面、理解できる気もしますね。

 

自分もこうやってブログをやっているわけですが、今よりも読者さんも少なくて、一日のアクセス数が10とかで、スターも全然つかなかった頃は、「どうせ俺のブログなんて、誰も読んでねーんだよ!」って思ったりしてしました。

 

だから何書いても平気だろう、と。

 

だからこんな暴論も書けたわけです(笑)

rimokongetao.hatenablog.com

 

だから同じ気持ちだったんじゃないか、と。

ネットって開かれたもので、誰にでも見られる可能性はありますけど、それはあくまでも可能性の話で、実際はだれも見てねえよ!っていう。

 

つまり、油断しちゃったんですかねえ・・・。

 

10.学習能力がないから

3と似たような話ですが、何年も前から、バカなことをSNSに投稿したら、炎上して、身バレして、個人情報流出ってパターンは、何度となくあったわけですよね。

 

そしてSNSをやってるくらいですから、彼ら・彼女らもそんなニュースを知っていたはず。

なのに学ばない。

学べない。

 

彼らを「バカだなあ」と笑いながら、自分がそんな目にあうとは、露ほども思わない。

客観性がなく、学習能力もない。

 

そう考えると、ある意味可哀想な人たちかもしれませんね。

 

11.不適切な行為をする人・撮影する人・投稿する人の意思疎通がうまくいっていないから

彼らの間で意思が食い違っていたり、暗黙の了解が通用していなかったり、そういったことが重なり合って起きた悲劇だったのではないか、と。

コミュニケーションって難しい!(笑)

 

12.注目されたかったから

愉快犯、わざとやったってやつですね。

こういうやつに言うことは一つしかありません。

 

「バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!」

 

 まとめ

12個ほど、可能性を考えてみました。

 

実際にはどれか一つってわけではなく、色々な要素が合わさってこういう結果になってしまったんでしょうね。

 

考えてみた今でも、やはり自分としては、そもそもそういう不適切な動画を撮影することも信じられないですし、投稿するなんて考えられません。

 

でも実際にやってしまう人がいる。

 

心の底から不思議でなりません。

まともな神経があったら、絶対やらないと思うんですけどねえ。

 

皆さんはどう思われますか?