脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

未来で生まれたテクノポップアイコン! 下駄夫の偏愛アーティスト名鑑 Aira Mitsuki編

こんにちは!

 

・はじめに

単刀直入に伺います。

ira Mitsukiってご存知ですか?

 

この人↓ 

6 FORCE(初回限定盤)

6 FORCE(初回限定盤)

 

 

ご存じない方のために簡単に説明すると、

ira Mitsukiとは、2008年にメジャーデビューしたテクノポップアーティスト。

キャッチコピーは「未来で生まれたテクノポップアイコン」

4枚のアルバムを出し、人気を博したものの、2013年に惜しまれつつ引退。

 

簡単すぎますかね?(笑)

実は自分も詳しい経歴はよく知らなくてですね・・・。

後で詳しく書きますが、自分が彼女を知ったのは引退後

 

リアタイ世代ではないので、知る手段がないんですよ!

彼女の活動をまとめた本とか出たら買うんですけどね・・・。

 

なお、彼女は2015年に「アイラミツキ」名義で再デビューしましたが、今回はその部分の話はなしで。

 

でも曲はいいです!

これとか↓

youtu.b

・出会い

少し個人的な話をさせて下さい。

 

彼女の曲と出会ったのは完全に偶然でして(笑)

多高校生か大学生くらいのことだと思うんですが、下駄夫は当時中田ヤスタカさんにハマってました。

 

で、某動画サイトに「中田ヤスタカREMIX」みたいな動画があって、よく聞いていたんですが、なぜかその中にAira Mitsukiの「チャイナ・ディコスティカ」が紛れ込んでいたんです(笑)

 

チャイナ・ディスコティカ

チャイナ・ディスコティカ

 

 

断っておきますが、この曲と中田ヤスタカは無関係(のはず)です!(笑)

 

なんですが、そんなこと知らない下駄夫青年は「へー、この曲いいじゃん!」となり、そこからAira Mitsukiの曲を聴きまくります。

 

そして速攻ファンになり(笑)、当時入手可能だったCDを買いあさります(笑)

 

証拠写真

 

f:id:rimokongetao:20190313101519j:plain

 

更に、Saori@destinytとコラボしたこれ↓や、「 L0ne1yBoy L0ne1yGirl」などの購入特典のCDもオークションなどで買いました。

×?PARK OF THE SAFARI

×?PARK OF THE SAFARI

 

証拠写真 2

f:id:rimokongetao:20190313101525j:plain

 

 

・・・そうですね。

がっつりハマってますね(笑)

 

・Aira Mitsukiの魅力

下駄夫青年をここまでハマらせたAira Mitsukiの魅力について書いてみたいと思います。

 

あくまで独断と偏見に満ちた意見ではありますが(笑)

 

一言で言うと「実在感のなさ」ですね。

 

聞いてもらえればわかるんですが、彼女の歌声って非常に透き通っていて、同時に甘さがあるというか、かわいいというか、きれいというか(まとまらなくてすいません笑)、要するに生まれながらにして電子音声っぽいというか。

 

もちろん加工してるんでしょうけど、CD派の自分にとっては、その加工済みの声がAira Mitsukiの声なわけで。

 

そういう風なイメージを持ってほしいという戦略の結果、そういう風に声が作られてる

わけだから、加工してても全然OK!

未来で生まれたテクノポップアイコンなわけですしね(笑)

 

また歌い方もいいんですよ。

あまり感情を込めずに、わりと機械的にサラッと歌うんですが、それも好きなんです。

 

個人的に情感たっぷりに歌われるのって苦手で。

うっとうしいな!ってなってしまいます(笑)

 

それにサラッとしてる方が想像の余地があるじゃないですか。

情感がこもりすぎていると「さあ来ましたよ!泣いてください!」とか感情をガイドされてるみたいで(笑)

 

もちろんそういう方が分かりやすいですし、そういう曲を否定するわけではありませんけどね。

 

話を戻すとですね(笑)、

ira Mitsukiの歌い方って(良い意味で)血が通ってないと思うんです

そこが良いんですよ!

 

あとはサウンドですね。

自分は「COPY」「PLASTIC」の頃が特に好きなんですが、このころのフューチャー(未来)感・ギャラクシー(宇宙)感あふれるサウンドが好きですね。

このころのAiraは本当に「未来の電子世界のお姫様」みたいな感じがあります。

 

一方、歌詞はわりとネガティブめですかね。

若干病んでる感じ(笑)

メンヘラ系ってやつ?

リストカットとかしてそうな感じっていうんですかね?

 

ただ、これは別の記事で書きたいと思うんですけど、Airaの曲はけっこうな割合で歌詞が聞き取れないので、あまり気になりませんかね(笑)

 

(最近聞き取れなかった方達笑)↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

まとめ

ira Mitsukiの曲って、極論すれば「聞いて気持ちいい曲」だと思うんです。

いやな仕事とか、恋愛とか、将来とか、そういうめんどくさいことをいったん忘れて、気分を上げさせてくれる曲。

 

彼女は、テクノポップアイコン(記号)なんですから。

だからこそ、Aira Mitsukiに生活(実在)感はいらないわけです。

やでしょ、生活の苦労がにじみ出た歌声とか(笑)

 

もしこの記事をご覧いただいて興味を持ったという方、是非聞いてみて下さい。

最初は「チャイナ・ディスコティカ」とか「サヨナラ TECHNOPOLiS]

などがおすすめです。

 

サヨナラ TECHNOPOLiS

サヨナラ TECHNOPOLiS

 

 

永遠なれ!未来で生まれたテクノポップアイコン!Aira Mitsuki!

もう引退しちゃったけど(泣)