脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

自分語り注意! 総スター数10000達成記念! 下駄夫のぶろぐこうざかっこかり 6時間目 参考にしている人は誰ですか?(ブログ編)

こんにちは!

 

今回は、総スター数10000達成を記念して、自分がブログの文章を書く上で参考にしている人について書いてみたい思います!

 

スターを押してくださる皆さま、本当にありがとうございます!

 

さて、参考にしている人といっても上げていけばきりがありません。

極論を言えば、自分がこれまで読んできたすべての本・マンガ・ブログ・コメントなどなど膨大なものすべてに少なからず影響はうけているわけで(笑)

 

こういう本とかも

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 

ですがそれをすべてリストアップしてもしょうがないので、今回はプロの作家さん5人に絞ってご紹介したいと思います。

 

もちろんいろんな方のブログも参考にさせていただいてますが、今回はあえてプロに絞りました。

 

ではいってみましょう!

(注・今回の記事では非常に多くの過去記事を張り付けてしまいました。

スクロールしで飛ばして本文だけお楽しみください笑)

 

1.中村うさぎ

作家にしてエッセイスト、そして非常に波乱万丈な人生を送っていることで有名な女性ですね。

 

詳細はこちら↓

rimokongetao.hatenablog.com

 

彼女のエッセイによくある自虐&セルフツッコミというスタイルは、このブログでも非常によく使っています。

 

これとか(笑)

rimokongetao.hatenablog.com

 

このセルフツッコミというのは、やりすぎるとイタイだけになってしまうので、その加減が非常に難しいです。

そのバランス感覚というものを、彼女のエッセイから盗みたい!と思い、今も勉強中です!

 

 

他者という病 (新潮文庫)

他者という病 (新潮文庫)

 

 

2.西原理恵子

常にコンスタントに売れ続けているにも関わらず、攻めの姿勢の変わらなさが素晴らしい 漫画家。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

彼女の作品からは下ネタや過激なネタの扱い方を学んでいます(笑)

彼女の作品は、一見すれば下品なのに、全然そう感じさせない魅力があります。

 

 

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

 

 

全然べたつかないで、サラっと流せる。

 

そういう記事を書きたいものです。

 

あとこのブログで「童貞」というワードをよく使うのも、彼女の影響かもしれません(笑)

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

3.ナンシー関

既になくなってしまった消しゴム版画アーティストにして、コラムニスト。

 

個人的に日本で一番面白いコラムニストだと思っています。

rimokongetao.hatenablog.com

 

彼女のコラムは本当にすごい

 

テレビに関してのコラムがメインなのですが、まったく知りもしないドラマの話でも、すごく楽しみながら読めてしまう。

 

それこそ理想ですよね。

もともとそのジャンルに興味ない人でも楽しめる、という。

 

だから彼女に関しては、参考と言うよりも目標かもしれません。

こんな素晴らしい文章をいつか書きたい!と思っています。

 

 面白すぎて、ほかのことが手につかなくなるので注意です!(笑)

 

4.森達也

映画監督兼コラムニスト。

彼の世界に対する疑いの視線と言うのは、すごくタメになります。

 

物事の裏側を想像する、素直に情報をただ受け取りはしない、という姿勢は彼の本に強く影響を受けてますし、そういう記事や小説を書いたりしています。

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

 「本当にそうなのか?」という姿勢は忘れないようにしています。

 

読んで楽しい!というタイプではありませんが、この世界に対するもやもやとした感情にヒントをくれる存在です。

 

 

彼が書くような、切れ味鋭く、世界の裏側に切り込むような記事も書いてみたいですね。

 

5.酒井順子

女性エッセイスト。

「負け犬の遠吠え」で有名になって以降、そういう「おひとりさま」系の作品が多い、ような(笑)

 

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

 

 

彼女の作品からは、読んでくれている人に対して、上から物を言うのではなく、対等に、友達に話しかけるような書き方を参考にしています。

 

所詮ネットでブログやってるだけのやつですからね(笑)

わざわざ時間を割いて読んでいただいているという姿勢は忘れずにいたいものですね。

 

まとめ

ということで僭越ながら五人、選ばせてもらいました!

さくらももこさんとか、丹波庭さん(トクサツガガガの作者)とか雁屋哲さん(美味しんぼの原作者)とか、何人か迷ったんですが、こういう結果になりました。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

まあこういうプロの方には到底及びませんが、これからもしこしこ書いていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします!

 

ここまで読んで下さってありがとうございます!

そして、スターも押してくださった方、ありがとうございました!