脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

お願いだ、直視しよう 「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」 森達也著 感想 

こんにちは!

 

今回は、森達也著「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」の感想です。

 

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい (ちくま文庫)

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい (ちくま文庫)

 

 

この本では、彼の映画「A」「A2」にまつわることから発展して、彼の感じたこと・思うことが書かれた作品で、いつもの森達也節が堪能できます(笑)

 

ですがやはりハッとする部分は多いですね。

タイトルにも書いた「お願いだ、直視しよう」もそうですし、「テレビ ニュースを見ながら、突然噴出した見も知らない人への憎悪に我ながら驚いた。」と言う部分もそう。

 

さらにいくつか引用します。

現在の日本での 本来のタブーは、市民社会のマジョリティを構成する良識や世論に倬差したり、異議を唱えることだ。

これに対する仕打ちは厳しい 。

黙殺というこれ以上ないほどに痛烈な報復が待っている。

国家や企業への批判は、受容できても、今の日本人全てを対象化する僕の企ては、もしかしたら この社会からは 永遠に 受け入れられないのかもしれない。

 

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい 森達也 昌文社

 

沿岸に打ち上げられた鯨の救出劇をテレビで眺めながら、僕らはフライドチキンを頬張ったりしている。

それを否定はしない。

でも矛盾だよなあと苦笑するくらいの自覚はほしい。

 

麻痺しながらも、麻痺する自己に対する自覚を持つことはできる。

確かに麻痺し切ってしまった方が楽だけど、でもせめて矛盾に対しての葛藤と自覚くらいは、持ち続けたいと僕は思っている。

 

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい 森達也 昌文社

 

この二つ目に引用したスタンスって良いなあ、と思いませんか?

 

どちらか極端に振れるのではなく、でもきちんとおかしいことには反応できる、そういう人間でいたいものです。

 

この言葉をもっときゅっ!としてくれたら、座右の銘にしてもいいかもしれませんね(笑)

 

今のままだと「君の座右の銘は?」とか聞かれたときに、「なげーよ」って思われちゃいますからね(笑)