ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

下駄夫の妄想続編シリーズ その1 シン・ゴジラ→コウ・シンゴジラ

こんにちは!

 

今回は、大傑作怪獣映画「シン・ゴジラ」の続編を妄想してみた!というお話です(笑)

 

 

まずタイトル。

 

自分的にはけっこういいな、と思ってます(笑)

こちら!

 

コウ・シンゴジラ

 

シン・ゴジラ」って、「シン」が色んな意味にとれることでも話題になりましたよね。

神・新・真・震などなど。

 

なので今回も色んな意味にとれるようにつけてみました!

 

コウ。

 

まずは抗、ですね。

「抗」、あらがうという意味ですね。

 

抗・シンゴジラ

傑作であった前作に抗う作品になる。

 

そういう意味では、攻・シンゴジラと言ってもいいかも。

 

抗・神ゴジラ

本作も神(シン)たるゴジラという怪獣と戦う話、という意味ですね。

 

請う・真ゴジラ

真のゴジラ映画たるものになりたい、という意思表示、とか(笑)

 

この悲劇を繰り返さないためにもね(笑)

更・新ゴジラ

ゴジラ映画の歴史を更新する、そんな映画でありたい、みたいな感じですかね。

 

これ以降は「コウシン」のお話です。

 

後身・ゴジラ

後身、つまり尻尾ですね。

 

前作のラストでフォーカスされた尻尾。

 ここから新たなる物語が始まりそう、な予感(笑)

 

後進・ゴジラ

人類の歴史は前進するどころか、後進している。

そこに荒ぶる神がカツを入れる、みたいな(笑)

 

行進・ゴジラ

前作のラストで、ゴジラ人間が生まれる可能性が示唆されましたよね。

そこで本作では、史上初の複数体ゴジラが生まれ、地球を闊歩、つまり行進する。

無理やりですかね?(笑)

 

仰信・ゴジラ

ゴジラって神的な存在ですよね。

なのでそのゴジラ信仰する人たちが現れる、みたいな(笑)

 

さてさて、妄想設定が長くなりましたが、もうちょっとだけ続きます(笑)

 

ストーリー

巨対災の活躍から60年が経った日本。

凍結されたゴジラは日常と化し、人々はゴジラの恐怖など忘れ去っていた。

 

そんな折、莫大な予算がかかるゴジラ凍結計画の中止が決定される。

 

凍結から解除されたゴジラは再び覚醒し、最終進化を遂げる。

 

果たして人類は、再び襲い掛かったゴジラの恐怖にどう立ち向かうのか!?

 

まあどんなお話でもいいですが、実写の怪獣映画、またみたいなあ。