ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

小説を書いてみた その84 ザッケローニとコロッケロール

こんにちれいわ!

 

今回は、ザッケローニ監督とコロッケロールのお話です(笑)

ザッケローニの哲学

ザッケローニの哲学

 

 あらすじはこんな感じ↓

ザッケローニとコロッケロールについて話す二人の男。
その二人の前に当のザッケローニが現れて・・・。

 

非常にくだらないです(笑)

 

またこの二人の男は、このお話に登場した人たちです。

rimokongetao.hatenablog.com

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 「ザッケローニとコロッケロールって、似てますよね?」

結城が言う。

 

「はあ?」

「だから、ザッケローニとコロッケ・・・」

「いや、そこは聞こえてるから!

聞き直しの場合のはあ?じゃなくて、おめえなにいってんの?の、はあ?だから!」

「ああそういう・・・」

「それしかねえだろ!バカ!」

 

「で、なんだって?

ザッケローニとコロッケロールが似てる?

アホか!

かけらも似てねえよ!」

 

「そっすかねえ・・・」

不満そうな顔の結城。

仕事をしている時は優秀だが、プライベートになるとおかしなことをたまに言う。

 

「そっすよ!

いやでも、やっぱり似てるとおもうんすよ」

「似てねえって!

当の本人のザッケローニに聞いてみろよ!

絶対「ニテナイデース」っていうから!」

 

「・・・すかねえ」

釈然としていない顔の結城。

 

 

そのとき。

 

ザッケローニが現れた。

 続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n1733fm/