脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

スペシャルドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」 面倒くさい特オタ的感想!

こんにちは!

 

今回は、24時間テレビの中で放送された「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」の感想です。

 

脚本 福原充則 演出 佐久間紀佳 出演者 中島健人 木村文乃 林遣都

 

お話としては、石ノ森章太郎ファンなら知ってて当然のエピソードをまとめたもので、特に目新しさはない。

 

で、今回のドラマは「お姉さんと石ノ森章太郎という視点でまとめられています。

 

彼がシスコンだったことは有名ですが、まあいい感じにヒューマン風味でまとめられています(笑)

 

そこは24時間テレビなのでしょうがない。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

しかし。

それを加味しても、物足りない。

 

なんだろう、アツさがない。

 

バカリズム手塚治虫役ってのもなんかなあ・・・。

 主演の中島健人始め、キャストのカッコよさで漫画青年たちのアツさ、(いい意味での)オタクっぽさが脱臭されている。

 

そこが物足りなかったかなあ。

 

でも「仮面ライダー」関連のシーンは良かったですね!

 

OPや実際の映像が使われたり、撮影現場を見に行くシーンで仮面ライダーのアクションが見れたり!

 

 スーツアクター役で唐沢寿明さんが出ていたのも素敵!

rimokongetao.hatenablog.com

 

ただ。

 あのシーン、仮面ライダーは新一号。

 

 でもショッカーは初期のやつ。

 

左の赤い奴ですね。

 

ここでん?となりましたね(笑) 

 

 藤岡弘、さんがやっていたころの初期なら、旧一号じゃないの?

 

こっちですね↓

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号

 

 

 面倒くさい特オタですいません(笑)

 

まあでもキカイダーとかロボコンとかゴレンジャーが出たのは良かったですよ。

キャラボッツ ロボコン

キャラボッツ ロボコン

 

 

結果的には「普通」でしたね(笑)

 

プラスとマイナスが打ち消し合って、普通。