ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

コードギアス 反逆のルルーシュ 外伝 白の騎士 紅の夜叉 1巻 感想 

 こんにちは!

 

今回は、「コードギアス 反逆のルルーシュ 外伝 白の騎士 紅の夜叉」1巻の感想です。

 この作品は、「コードギアス 反逆のルルーシュ」と「反逆のルルーシュ R2」をつなぐ物語です。

rimokongetao.hatenablog.com

 まずは紅の夜叉・カレン編。

 

このお話では、ベニオというキャラクターとカレンの出会いが描かれており、これからが気になるところ。

 

そして(個人的には)メインの白の騎士・スザク編。

 

これが良かった!

 

時系列としては、ナイトオブセブンに任命されて以降で、一話は「コードギアス 亡国のアキト」につながる物語、二話は「アキト」以降の物語ですね。

 

ここではスザクが、ナイトオブセブンとして出世街道を歩むスザクの姿が描かれます。

 

鬼になったスザクは、めちゃくちゃ強い!(笑)

反則級!(笑)

 

各編が交代で描かれるので、それぞれの話があまり進まないのがちょっともどかしい、かな?(笑)

 

でも、次回が気になります!