ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

小説を書いてみた その92 おい!天気予報士!ちゃんとやれ!

こんにちは!

 

今回は、天気予報についてのお話です。

図解・気象学入門―原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス)

図解・気象学入門―原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス)

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 天気予報を信じた男。
彼の屈折した感情の物語。

 

皆さんは天気予報、見ますか?

下駄夫は全くみません!(笑)

 

当たるも八卦当たらぬも八卦

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 今日は風が強いし、夕方から雨が降るらしい

だから自転車に乗るのはやめた。

 

でも、本当だろうか?

確かに風は少し強いが、強風というほどではないし、なにより青空が広がっている。

本当にこれから天気は悪くなるのだろうか?

 

俺は今逆に、もう「天気が悪くなってもらわないと困る!」くらいの気持ちになってしまう。

 

けっこうな距離をあるいてるもの。

 

お、風が強くなってきた。

いいぞお!

風よ!吹け!

雨よ!降れ!

 

俺の隣を自転車に乗ったジジイが通りすぎる。

けっ!バかめ!

 

これから天気が悪くなるのを知らんのくわ!

 

歩きながら俺は思う。

 

目的地へは自転車なら15分で行けるのに、徒歩なら30分はかかる。

バスやタクシーなんて使わない。

金がもったいない。

 

時間と体力と引き換えに金が節約できるなら、安いものだ。

 

とはいえ。

はあ、無駄に疲れる・・・。

 

やっと、ついた。

 

さあさあ、俺がこの図書館で本を読んでいる間に!

雨よ触れ!

風よ吹け!

 

 

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n8463fm/