ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

騎士竜戦隊リュウソウジャーがいまいち面白くないのはなぜなのか? 6個考えてみた!

こんにちは!

 

今回は、騎士竜戦隊リュウソウジャーのお話です。

 皆さんどうですか?

楽しんでますか?

 

自分は、微妙です(笑)

 

まあはっきり言ってそんなに面白くない(笑)

 

今回はそれがなぜなのか、探っていきたいと思います。

 

説1 前作ルパパトが面白すぎた?

これはあるでしょうね。

rimokongetao.hatenablog.com

 この記事でも書きましたが、やっぱりルパパトってめちゃくちゃよくできた作品でしたよね。

 

それに比べると、リュウソウはちょーっと雑というか荒削りというか(笑)

 

説2 ドラマがちゃんと描けていない?

自分がリュウソウで一番「う~ん?」となってしまうのが、敵の扱い。

 

毎回のゲストの敵のキャラが全然立ってない

 

敵にドラマがないから、話がいまいち盛り上がらない。

話が盛り上がらないから、アクションもロボ戦も特に感動がない。

 

全体として、常に平常心で見てる(笑)

 

それはなぜなのかといえば脚本でしょうね。

本作のメインライター・山岡潤平さんは特撮初挑戦。

 

honey 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

honey 映画ノベライズ みらい文庫版 (集英社みらい文庫)

 

 

なのでしょうがないとは思うんですが、やっぱりぎこちない。

 

そこがちょっとねえ・・・。

 

説3 前番組「仮面ライダージオウ」が面白すぎる説

自分は基本リアタイ視聴なので、リュウソウジャーの前は「仮面ライダージオウ」を見ているわけです。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

そこで非常に満足度の高いものを見てしまっているので、その熱量のまま見ると、リュウソウが物足りなくなってしまう、とか?(笑)

 

説4 展開が唐突すぎる?

なんですかね、特に展開がスピーディーというわけでもないのに、「なんでそうなるの?」と首をかしげることが多々あるんですよね。

 

リアリティがないというか、不自然と言うか。

リアリティ(愛のファンタジ?)

リアリティ(愛のファンタジ?)

  • アーティスト: The Starlite Orchestra & Singers
  • 出版社/メーカー: レッドブリッジ
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

作品と設定のリアリティと、物語のリアリティというのは別物で、こういうわかりやすくありえない作品こそ、作品内のリアリティ・整合性はきちっとしなければいけないと思うんです。

 

じゃないと本当に「ありえねえー」って鼻で笑われるだけのものになってしまう。

 

そういう視点が足りないんじゃないかなあ、と。

 

説5 子供向けに振り切った?

前作ルパパトは、作品の出来は申し分なかったんですが、実はおもちゃの売り上げはあんまりよくなかった、という噂がありますよね・・・。

 

だから本作は、おもちゃを買ってもらうために子供にもわかりやすい、簡単なお話作りにした、という話もありますね。

 

でも、それってどうなんでしょ?

 

子供向けと子供だましは違います。

 

子ども騙しの童話

子ども騙しの童話

 

「所詮子供が見るもんだから」と舐めてかかるとイタイ目みます。

 

 いや別に、リュウソウが子供だましとは言ってませんよ?(笑)

 

説6 合わないだけ?

ただ作風が合わないだけで、ほかの特撮好きな方は楽しんでいるのかもしれませんね(笑)

 

例えば自分はゴセイジャーがあんまり好きじゃないんですが、ゴセイジャー好きな人多いですしね。

 

スーパー戦隊シリーズ 天装戦隊ゴセイジャー VOL.1 [DVD]

スーパー戦隊シリーズ 天装戦隊ゴセイジャー VOL.1 [DVD]

 

 

 おわりに

ということで6個可能性を考えてみました。

 

どれか一つ!ということではなく、いろんな要素があるんでしょうね。

 

皆さんはリュウソウジャー、実際どうですか?

正直な感想をお願いします!(笑)