脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

妄想注意! ティードの正体=鳴滝説 「おのれディケイドー!」

こんにちは!

 

今回は、「仮面ライダーディケイド」についての妄想のお話です。

 さっそく妄想を発表しましょう!

 

ティード=鳴滝

 

rimokongetao.hatenablog.com

この記事でも結局ティードの正体がわからん!ということを書きましたが、分かりました!

 

鳴滝です。 

 

え?誰?という方のために簡単にご説明しますね。

 

鳴滝とは、「仮面ライダーディケイド」という作品に出てくる、「ディケイド」を憎んでいるおっさんで、その正体は一切不明。

 

ある映画ではゾル大佐になってみたり。

 

悪事を画策してみたり。

 

「おのれディケイドー!」と捨て台詞をはいて消えてみたり。 

 

逆に協力してみたり。

 

要するに、よくわからんおっさんなんです(笑)

 

その彼がティードの正体なのではないか、というお話なんです。

 

例えば、二人とも何気に仮面ライダーにくわしい

ライダーを憎んでいるらしい二人ですが、仮面ライダーの名前や物語はきちんと把握している模様。

 

 

また二人とも、謎の力を持ち、世界や時代を移動することができます。

 

鳴滝は神出鬼没ですしね。

 

ここからはさらに妄想をします。

 

仮面ライダー大戦」でついにディケイドに協力した鳴滝。

 

しかし、ディケイドが仮面ライダーの歴史をどんどんと改変することで、「重大な何か」を失われてしまった鳴滝。

 

そこで彼の中にあった、ディケイドへの憎しみが再び燃え上がり、それは次第に「平成井仮面ライダー」というもの自体への怒りに転化していく。

 

そんなとき、彼の元にスウォルツ氏が現れ・・・。

 

みたいな(笑)

 

こんな展開だったら燃えるんですけどねえ・・・。