ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

小説を書いてみた その107 生理的に無理!!!

こんにちは!

 

今回は、キモイ!というお話です。

「キモさ」の解剖室 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

「キモさ」の解剖室 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 新任中学生教師が主人公です。
彼女が担当することになった生理的に無理な生徒の真実とは?

 

「あ、この人生理的に無理!」ということ、ありませんか?

 

今回は自分が実際に出会った無理な人を題材にしています(笑)

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 生理的に無理という言葉がある。

「理屈ではなく、感覚的に苦手!」ということ、だと思う。

 

私にも一人、どうしても生理的に苦手な生徒がいる。

 

仮にY君と呼ぶ。

私が担任をしているクラスの男子生徒、中学二年生。

 

私はその彼が本当に無理!

生理的に無理!

 

何がいやなの?というと、まず彼の癖。

例えば彼はまったく勉強ができないため、担当教科である数学では個別に教えたりもする。

その時の態度が嫌。

 

彼はわからないことがあると白目を向いたり、唇をぶるぶるさせたりする。

 

はっきりいってキモイ。

 

教師として生徒にそんなことを思っちゃいけないのはわかってる。

 

でもキモい。

 

ゲロキモい。

 

小学生ならまだ許せる。

でも、もうちょいちょいひげもはえはじめた「小おっさん」のブサイクが、そんなことをやっているのは、非常に気色が悪い。

 

おえ!

 

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n7388fn/