脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

小説を書いてみた その109 たっくんのバカ!

こんにちは!

 

今回は映画館のお話です。

日本懐かし映画館大全

日本懐かし映画館大全

 

 

あらすじはこんな感じ↓

満員の映画館。
主人公とたっくんの間の小さなコミュニケーションのお話。

 

タイトルはMizcaの「たっくんが好きなの」という曲のパロディです。

ダメよ(初回限定盤)(DVD付)

ダメよ(初回限定盤)(DVD付)

 

 

 たしかこれ↓とかはゴールデンボンバーの鬼龍院さんがプロデュースしてる、はず。

キラキラ☆(初回限定盤)(DVD付)

キラキラ☆(初回限定盤)(DVD付)

 

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 映画チケットの列は遅々として進まない。

あと10分で上映開始だというのに。

 

まったく何をとろとろしているのか、このうすのろ共は。

 

座席なんてどこだって一緒だよ!

変わりゃしないよ!もう!

 

俺の前で、カウンターでいちゃつくカップルがまた、腹が立つ。

 

「ねえ、たっくん、どこにするぅ??」

じゃないよ!

そんなにイチャつきたいんだったらラブホ行け!このバカップルが!

 

などと思っているうちに、やっと俺の番が来た。

 

やっとだ!

「スピーウォーズ、大人、一枚で!」

 

「残り一席なんですが・・・」

店員が言うが、構わない。

 

「あーどこでもいいっす!」

それより早くしてくれ!

 

「そうですか ではもうすぐ上映開始ですのでお急ぎください。」

 

ハイハイ、っと。

わーってるよ、んなこたあよお。

 

ったく、なぜ世の中こうトロいやつが多いんだろうね。

やんなっちゃうよ。

 

俺は駆け足でシアターに急ぐ。

シアター内はほぼほぼ満席だ。

 

あと一席って言ってたからな、当然か。

 

さておれの席はー、っと…。

 

一番前、の真ん中。

 

まあ悪くない配置だな、うん、

 

両隣には頭の悪そうなカップルが二組。

 

おう…。

しかもよく見れば。右隣はさっき「たっくん♥」だのなんだのとほざいていたアベック。

 

ジーザス!

 

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n8397fn/