脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

小説を書いてみた その113  金属生命体メタルス殺人事件

こんにちは!

 

今回は金属生命体のお話です。

図解入門最新金属の基本がわかる事典 (How‐nual Visual Guide Book)

図解入門最新金属の基本がわかる事典 (How‐nual Visual Guide Book)

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 金属生命体メタルスのドルニスは人間ハンターである。
そんな彼が殺された!
なぜ???

 

今回のタイトルの殺人事件というのは、主人公が人間を殺したことから起きる事件、という意味も入っています。

 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 

というのを投稿し終わってから考えました(笑)

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 ガチャーン

ガチャーン

歩くたびに無機質な金属音が響く。

 

俺がこのフルメタルボディになってから、3年。

基本的には慣れたが、こういう静寂のなかにいると、自分がもう生身ではないことを思い知らされる。

 

もう人間、かつての同胞、を狩ってもなんとも思わなくなった。

 

狩りのあとの気分というのは、独特なものがある。

命を奪ってしまったという後悔。

同時に自分が強者であるという誇。

 

つまり、俺たちメタルスも一筋縄じゃいかないってことだ。

 

俺はめんどくさい感情を振り払うため、「チェンジ」と呟く。

 

すると、俺の体はみるみるうちに、移動形態にかわっていく。

この変形機構にはいつも感心させられる。

よくできているのだ。

 

俺は選曲(「メタルボディはサビナイザー」クールな曲でお気に入りだ)をし、走り出す。

 

基本的にはAI制御なので楽なものだ

 

金属で覆われた街を疾走する。

 

「人間はいねえがー!いたら食ってやるぞお!」

 

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n0477fo/