ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

死にたいなら一人で勝手に死ね! 小説を書いてみた その116 あいきゃんふらい?

こんにちは!

 

今回は、自殺についてのお話です。

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

 

 

あらすじはこんな感じ↓

死にたいのか?死にたくないのか?
どっちなんだー!

 

このお話で言いたいことは要するに、

f:id:rimokongetao:20190609115114g:plain

ということです(笑)

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 「じゃあ死にゃあいいじゃん。

おめえ、死にゃあいいじゃん」

 

「う、うん。まあそうなんだけどね・・・」

 

「なんで死なないの?逆に。その状況下で。

12階立ての柵の外に乗り出して。

もうそれ死ぬ直前の人のやつだから

死なばもろとものやつだから」

 

「あー、まあ、はい」

「な?」

「はい・・・」

 

うるせえおっさんだなあ。

死ぬよ、死ぬつもりだけど、こんな目がイッチャッてるおっさんに看取られて死ぬつもりはない。

しかし、おっさんは構わない。

 

「じゃあ、死のう。はい、死のう」

 

「・・・。いや、こっちのタイミングで死にたいんで・・・」

曇ってきたし、今日は死ぬのやめよっかな。

 

「いやいやいや!だってほら、もう君ポールポジションだから、死のポールポジションだから。

せっかく靴揃えて柵のりそえて、あと一歩で死ねるんだから」

 

「まあ、そうすねえ・・・」

相づちを適当に打つ。

 

「さあ、ごー!」

 

「え?」

 

「フライ・アウェーイ!」

 

「いやいや!」

 

「ユー・キャン・フラーイ!」

 

「いやいやいや! やめてくださいよ!」

 

「なんで?」

 

「あぶないじゃないですか」

「あ?」

 

「え? 死にてーんだろ?」

 

「まあ・・・」

 

「じゃあいいじゃん。落ちろよ」

 

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n2015fo/