脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

ネタバレ注意! 「騙し絵の牙」ラストシーンについてちょっと考えてみる

こんにちは!

 

以前こんな記事を書きました↓

 

この本のラストシーンについてまずちょっと考えてみたんですが、もしかしたらこの本のどんでん返しって、この本の主人公速水を演じていたのが大泉洋さんじゃない、ってことだったりするんでしょうかね?

 

この速水さんというキャラは、すごく大泉洋なんですよね(笑)

田中真紀子さんのモノマネとかね(笑)

 

でもそういう描写や随所に挟まる写真は実はミスリードで、じつは大泉洋=速水という読者と想定が裏切られる。

 

そういう意味で「最後は大泉洋に騙される」ということなんですかね?

ちょっと早めのX'mas song

ちょっと早めのX'mas song

 

 

うーん、それにしてはヒントがなさすぎるし、考えすぎなのかなあ?

 

この本を読んだ皆さん、どう思われます?