脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

まさかまさかの大傑作! 映画「ダイナ―」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ダイナ―」の感想です。

映画『Diner ダイナー』Original Soundtrack

映画『Diner ダイナー』Original Soundtrack

 

 

監督 蜷川実花 脚本 後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花 演者 藤原竜也 玉城ティナ 窪田正孝 本郷奏多 武田真治

 

・一言で言うと

めちゃくちゃ金かかってる&豪華キャストで贈るアングラ演劇。

相当クセの強い映画なので、人は選ぶかもしれませんが、自分はめちゃくちゃ大満足でした。

すっごい良かった。

海外アングラ旅行

海外アングラ旅行

 

 

・ビジュアル

写真家でもある蜷川実花さんが監督しているだけあって、ビジュアルは抜群。

色彩感覚がすごい。

ビジュアルだけで凡百の映画とは一線を画しています。

蜷川実花 虚構と現実の間に

蜷川実花 虚構と現実の間に

 

 原色バリバリのクセの強い画面が続くのに、全然見てて苦にならない。

 

むしろ麻薬的な快感があり、「もっと見せて!」となる。

さらにアクションも華麗というか。

 

全体的に「美しい映画」でした。

 

・演出・脚本

実は今回あまり期待せずに見に行ったんです(笑)

「写真家でビジュアルはいいかもしれないけど、演出はまあ・・・」みたいな事前予想で。

 

でもとんでもない。

予想に反してしっかり伏線を張り、演出をしていました。

例えば前半で何気なく描かれた一瞬のシーンが、後半で生きてくる。

 

そういうシーンがけっこうあって(上から目線ですが)感心してしまいましたね(笑)

蜷川実花になるまで (文春文庫)

蜷川実花になるまで (文春文庫)

 

 やるじゃん!蜷川実花

 

脚本も特にダレることもなくずっと楽しませてくれたので良かった!

 

・疑問点

正直、疑問点というか、ツッコもうと思えばいくらでも突っ込めるんです。

でも、画面全体から「異国観」というか「異世界観」があって、いい意味でリアルじゃないので、「そういうもんか」と納得してしまう。

 

納得させられてしまう絵力がある。

earthly flowers,heavenly colors ([テキスト])

earthly flowers,heavenly colors ([テキスト])

 

 圧倒的な才能(たち)の前には、凡人は沈黙するしかないのです!(笑)

 

・テーマ

これはすごく分かりやすかったですね。

 

一言で言えばこれです↓

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」

 

もう少し分かりやすく書くと

「男も女も、料理人も殺し屋も、誰かに必要とされたいなら、居場所が欲しいなら、自分のやりたいことで居場所を見つけろ! やりたいことは自分の中にある!」

といったところ。

 

 

・満足度 98%

映画としてはいびつだし、癖も強いですが、自分は非常に好きな映画です。

本当におすすめです!

 

 

 

ただ、少し詰め込みすぎかなあ?という気がしますね。

原作からもう1エピソードくらい盛り込んで2時間半くらいでもよかったんだかったけどなあ。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

でも本当に面白いので、お勧めですよ!