脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

面白いけど、なんでまる子? 阿古真理著 ルポ「まる子世代」 感想

こんにちは!

 

今回は阿古真理著 ルポ「まる子世代」の感想です。

ルポ「まる子世代」 ―変化する社会と女性の生き方 (集英社新書)

ルポ「まる子世代」 ―変化する社会と女性の生き方 (集英社新書)

 

 

まずはこの本の説明文をご覧いただきましょう。

 「まる子世代」の女性たちは、一九六四~六九年生まれ。

三種の神器」が家庭に揃い、企業への女性進出が始まった高度成長期の完成期に産声をあげた彼女たちは、豊かさが頂点に達した八〇年代からバブル崩壊直前に社会へ出た。

男女雇用機会均等法第一世代であると同時にフリーター第一世代。育児不安に悩む主婦も、子どもを産んでいない独身キャリア女性も、自分らしい生き方を模索している。

社会の変容の最前線に立っている「まる子世代」たちへの丹念な取材から、現代日本社会のもうひとつの現実がみえてくる。

 

この説明文がすごく良い解説になっていて、もう特にいうこともないくらいなんですが(笑)、一応書きますね。

お時間のある方は読んで下さいね(笑)

 

まず読み物としては面白かったです。

建前上は男女平等になったものの、実際の社会では男性優位が強い世界で格闘してきた女性たちの記録として、非常に読みごたえがあってよかった。

 

ただひとつ疑問なのは「なぜまる子?」ということ。

 

一応冒頭に説明はあるんですが、読んでいくごとにこの本で語れる女性たちの生き方と、まる子の持つパブリックイメージというのが、どうしても重ならない。

そこだけが疑問でしたねえ。

 

もっとなんかあっただろうに・・・。