ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

アメリカ嫌いなおっさんがアメリカについて書くとこうなる 矢部武著「アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?」 感想 

こんにちは!

 

今回は矢部武著「アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?」の感想です。

アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?

アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?

 

 

この本の感想を一言で表すと「げんなりする」

 

例えばタイトルにもなっている「アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?」についての回答はこう。

 私に言わせればその答えは簡単でアメリカ人は日頃 理想的なことばかり言っておりも 何が問題が起きたとしても、すぐに簡単な方法で解決できると思っているからである。

彼らは自分の欲望を抑えるのが苦手で、自由で快適な生活から逃れることはできない。

 

矢部武著「アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?」 あさ出版 2007年

 

菜食への疑問に答える13章: 生き方が変わる、生き方を変える

菜食への疑問に答える13章: 生き方が変わる、生き方を変える

 

 

この本は終始この調子で、伝わってくるのは「ああ、この人はアメリカが嫌いなんだなあ」ということだけ

 

要するに悪口が言いたくてこの本を書いているわけで、そんな人のいうことは信頼できるわけがない。

人の悪口は話半分で聞かないと痛い目みますからね。

文豪たちの悪口本

文豪たちの悪口本

 

 

それにしてもこういうイデオロギー丸出しの本て本当に「げんなり」しますね。

 

別にいいんですよ、アメリカ嫌いでも。

でもその悪感情を本文にまで波及させることのダサさ。

 

着眼点はそこまで悪くないのに、こういうことされると一気に読む気失せるんだよなあ・・・。

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!