ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

一筆書き系ぶんがく 作品NO.3 ジュウ・ゲキ・オン・ザ・シティ

こんにちは!

 

今回は故郷のお話です。

故郷

故郷

 

 

あらすじはこんな感じ↓

自分の住む町の異常性は、そこを出てみないとわからないものです。

 

実はこのお話は半分くらい実話、なんですよね。

故郷を出てみて気づいたんですが、うちの町ってなぜか「バーン!」みたいな音がよく聞こえてて。

自分はヤクザが人でも殺してるんじゃないかと思ってたんですが(笑)、近所の工場の音だったという(笑)

別冊宝島 ヤクザと芸能界

別冊宝島 ヤクザと芸能界

 

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 

あの町は必ず午前に一回、ジュウゲキオンがなる。

それは朝8時の通勤時間かもしれないし、

深夜2時のねしずまったころかもしれないし、

11時のような真っ昼間かもしれない。

 

そしてそれは今日のような水曜日の平日でもあるし、

誰もが憂鬱な月曜日かもしれないし、

みんなが休息をとっている日曜日かもしれない。

 

それはわからない、というか考慮されない。

とにかく一日一回ジュウゲキオンがなるのだ、あのまちは。

 

その音が本当に一日一回拳銃から発せられているのか、それはわからない。

 

もしかしたら映画となどから拾った音をスピーカーで鳴らしてるだけかもしれないし、

猟銃とかかもしれないし(ちかくに山とかないけど)、

本当にケンジュウなのかもしれない。

 

それは、わからない。

 

 続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n3334ft/