ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

選ばれなかったみたい・・・ 何度も挫折したけどやっぱり駄目だった一作 「i」 西加奈子作

こんにちは!

 

今回は、 西加奈子作「i」の感想です。

 

i(アイ)

i(アイ)

 

 

タイトルにも書きましたが、自分はこの本ちょっとダメでしたね。

 

何度も挫折しつつ、何とか最後まで読んだんですけど、やっぱりダメでした。

 

これ以降、西加奈子さんのファンは読まれないことをお勧めします。

 

 

 

 

よろしいでしょうか?

 

なぜダメだったか?

 

これはもう、生理的なものとしか言いようがない。

 

 

彼女の書き方、間の取り方、センス、文体、それがちょっと肌に合わなかった、だけ、なんだと思います。

 

一番嫌だったのは「この世界にはアイは存在しない」という言葉を何度もリフレインすること。

 

なんかそこに彼女のナルシズムを感じ取ってしまって嫌でしたね。

 

日本的ナルシシズムの罪 (新潮新書)

日本的ナルシシズムの罪 (新潮新書)

 

 たぶん同族嫌悪だと思いますけどね(笑)

   

でも、作品としてはたぶん好きな人はとても好き、なんだと思います。

 

作品としてはよくできているんだと思います。

でも、センスが合わなかった。

 

だからタイトルにもしましたが、自分は彼女には「選ばれなかった」んだろうなあ、と。