ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

スマホゲームがゲーム業界を壊す、わけではない!? 「ゲーム「ハード」戦国史 スペースインベーダーからポケモンGOまで」 感想

こんにちは!

 

今回は「ゲーム「ハード」戦国史 スペースインベーダーからポケモンGOまで」の感想です。

クリエイターのためのゲーム「ハード」戦国史

クリエイターのためのゲーム「ハード」戦国史

 

 

これはその名の通り、様々なゲームハードの失敗と成功の要因を解説したものです。

 ファミコンプレイステーションXBOXWIIドリームキャストなどなど。

 

また最近のスマホゲームと据え置き型ゲームの関係性などにも踏み込んでいて面白かったですね。

 

一般的にはスマホゲームがゲーム業界を壊した、みたいな話をよく聞きますが、この本によればそれはあまり適切ではない、とのこと。

 

そうではなくて、そもそもスマホゲームと据え置きゲームはターゲットが違う、と。

据え置きゲームをやる人というのは、ゲームにすごく興味があって、ゲームの感度が高い人。 

一つのゲームにあきたら、別のゲームをやる人。

 

対してスマホゲームをやる人というのは、ゲームに関してはごく普通の人。

だから飽きたらすぐやめる。

ゲームがつまらなくなったら、別のアプリをやる人。

 

だから消費者の層が一致しない、という話なんですね。

   

これはあるでしょうね(笑)

もちろん多少の重なりはあるでしょけど(笑)

 

というか、自分はどっちもやってませんけど(笑)