脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

一筆書き系ぶんがく 作品NO.15 過大評価にもほどがある

こんにちは!

 

今回は過大評価のお話です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

実話ではありません。
たまには過大評価もされてみたい(笑)

 

過大評価にも程度ってもんがありますよね。

その程度を超えると、バカにしてんのか?ってなりますしね。

 

冒頭の文はこんな感じ↓

よいしょっ、と。

久々に小説でも書くかー。

てか、おっさんか(笑)

 

お?

珍しい。

メッセージか来てるよ。

 

えーっと、なになに?

 

「素晴らしかったです!」

おー、そりゃ、ありがとう。

そんなたいしたもん書いてないけどね、だってタイトルが「痴女、地上に現る」だし。

パロディだし、ダジャレだし。

 

「発想の奇抜さには脱帽です!特にラストシーンは最高でした!!」

そうね、そこはけっこうちからいれてかいたからねー。

あの、痴女の尻からマシンガンがにゅっと出てきて、悪の兵団を一掃するところな。

   

続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n9108ft/