脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

最高すぎか・・・ 未来戦隊タイムレンジャー 感想

こんにちは!

 

今回は「未来戦隊タイムレンジャー」の感想です。

未来戦隊タイムレンジャー ― ソング・コレクション1

未来戦隊タイムレンジャー ― ソング・コレクション1

 

 あらすじはこんな感じ↓

時は西暦3000年。

タイムワープ技術が確立・実用化されたのはわずか10年ほど前であるが、既に宇宙航行と異星への交流は日常化している。

その平和な「今」を守るべく設立された、不法な歴史修正などを監視する公的機関時間保護局。ここに一つの警報が鳴り響く。

それは1000年間の圧縮冷凍刑を受ける予定の大物マフィアであるドン・ドルネロが、自身の配下ごと日本へ逃亡したというものだった。

時間保護局の特殊部隊タイムレンジャー隊長のリュウヤはユウリら4人の新人隊員とともに逮捕に向かうが、これはドルネロ一味の策略であり、リュウヤはドルネロの情婦であるリラが変装した偽者。

彼らはドルネロが収容されたロンダー刑務所ごと、時間保護局の船と一緒に西暦2000年の日本へと逃亡してしまった。

船から放り出され、西暦2000年の日本に到着したユウリたち。意気消沈する彼らの前に現れたのは、リュウヤに瓜二つの容姿を持つ20世紀人の浅見竜也。ユウリたちは圧縮冷凍を解除されて暴れる刑務所の服役囚たちを鎮圧すべく、唯一残った緊急時用の強化服システムを着用=変身しようとするが、着装システム・クロノチェンジャーは時間保護局の1チーム規定人数である5人がいなければ初起動できない、という制約がかけられていた。

本来ならリュウヤを含めての構成であったため、困った彼らは竜也を半ば強引にメンバーにして変身を遂げ、1人目の囚人の収容に成功。成り行きでタイムレッドになった竜也であったが、「自分の運命は自分で決める」という固い意思の下でタイムレンジャーへの加入を決める。

一方、ユウリたちは時間保護局本部と連絡することに成功するが、本部からはドルネロの逃走によって生じた歴史の歪みを拡大しないため、ドルネロと彼によって「ロンダーズファミリー」と名づけられた服役囚たちを全員逮捕するまで、20世紀に留まるように厳命されてしまう。ユ

ウリたち4人は竜也とともに2000年の現代で暮らしながら、ロンダーズ構成員達の犯罪の阻止と逮捕に取り組むこととなる。

   

「一言でいうと」

rimokongetao.hatenablog.com

 この記事でも書きましたが、子供の頃タイムレンジャーはリアタイ世代でばっちりハマっていたので、今回最初から最後まで見治せて本当に良かった!

東映公式YOUTUBEオフィシャルありがとう!

 

もうね、このタイムレンジャーは思い出がありすぎるので、冷静には語れませんがご容赦ください!

未来戦隊タイムレンジャー超全集

未来戦隊タイムレンジャー超全集

 

 

 

「よくなかったところ ・・・」

これは特にないですね。

思い出補正とかではなく。

 

 

「よかったところ!」 

 

・重厚なストーリー

「時間」をテーマに繰り広げられる壮大な物語。

子供の頃見てるときはそんな話だとはさっぱりわかりませんでしたが、終盤のすべては一人の人間の思惑通りに進んでいた!と判明するところからがSF好き的にはすごく上がりましたね。

 

1000年前の行動により、未来がきちんと変わる。

それも良いし、歴史が変わるそもそもの動機が保身というのもみみっちくていい(笑)

 

・ユウリ美しすぎ!

 

中川翔子さんが女優を目指すきっかけとなったとされているこの作品。

 やっぱり今の目で見てもめちゃくちゃお美しい!

おそらく下駄夫少年の女性観に影響を与えたことでしょう(笑)

 

「まとめ」

営業成績はあまり芳しくなかったそうですが、作品としてのクオリティはスーパー戦隊としてもトップレベじゃないでしょうか。

 

スーパー戦隊としては珍しくハイターゲットを狙いにいった作品だけあって、本当に面白いし、大人の目から見てもまったくそん色なし。

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル! !  特別版 [Blu-ray]
 

 

「戦隊なんて子供向けでしょ?」と舐めてるそこのあなた!

見ろ!

 

ついでに新世紀の特撮の夜明けをタイムレンジャーと共に迎えさせた仮面ライダークウガもね!

てか、タイムレンジャークウガって大人向け過ぎない?ディープ過ぎない?最高すぎない?

 

この時間に戻ってスーパーヒーロータイムを大人の特オタとしてもう一回体験したい(笑)