ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

カイジ ワンポーカー編の結末が納得いかない!!!

こんにちは!

 

今回は「カイジ ワンポーカー編」の感想です。

賭博堕天録 カイジ  ワン・ポーカー編 1

賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編 1

 

 

物語が進まない回多数(思考を巡らせているだけ)、総集編数回を挟み、全16巻かけて描かれたワンポーカー編。

最初から最後まで、ずーっと同じような絵面が延々続くよ全16巻。

 

まあそれはいいんですが、この結末がどーも納得できないんですよね。

今までのカイジの勝負理論から言えば「和也は死ぬべき」でしょう。

 

いや、カイジシリーズの今後の展開もあるでしょうから、改心しかけた和也が死ぬのはまずいとしても、骨の一本はおらないと、痛みを感じないとダメでしょう。

だって彼は文字通り命を懸けた勝負をし、そして負けたんだから。

 

賭博堕天録 カイジ  ワン・ポーカー編 16

賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編 16

 

 

そこを安っぽいヒューマニズムでなあなあにするのは、真剣勝負に対する冒とくだし、結局16巻かけてこれかよ、と失望してしまう。

 

真剣勝負に和也は負けた。

その結果を捻じ曲げてはいけない。

それは野暮というものです。

 

初期の頃、カイジは勝負に負けて指を切られた。

賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 1

賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 1

 

 あの頃のヒリヒリするようなヤバさをもう一度味わわせてほしい。

 

あとこのワンポーカー編に関しては、ダラダラ話引き伸ばしすぎでしょう(笑)

いやそりゃさあ、舞台もほとんど動かないんだから書くのは楽でしょうよ。

でも16巻は長いって。

総集編の回と話し進まない回を短くまとめたら、12巻くらいで収まった気がするんだけどなあ・・・。