ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

母が末期のすい臓がんで余命一年だと知らされた日のこと

こんにちは。

 

今回は母が末期のすい臓がんで余命一年だと自分が知った日の事を書きたいと思います。

がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

 

 

まず前段階として、母親が市の健康診断か何かに引っかかり、色んな病院で検査を受けさせられていたんです。

それでいつまでたっても結果が出ない。

   

だから自分は「もしかしたら悪い病気かもしれない。もしかしたら手術になるのかもしれない」という悪い予想も立ててはいました。

 

そんなやきもきした気持ちで家にいると母が帰ってきて言いました。

「悪い。すごく悪い。すい臓がんで余命一年だって」と。 

余命3年 社長の夢?「見えない橋」から「見える橋」へ

余命3年 社長の夢?「見えない橋」から「見える橋」へ

 

 

最初は冗談だと思いましたよ。

まさかそんなことあるわけないって思いましたね。

 

「まあなんらかの病気だろう」とは予測していました。

しかしまさかがん、しかも余命一年。

 

これは完全に予想外。

そんな予想なんてできるわけがない。

余命1ヶ月の花嫁 メモリアル・エディション [DVD]

余命1ヶ月の花嫁 メモリアル・エディション [DVD]

 

 

とはいえ母の顔はマジなので「ああ、これは本当なんだな」と自覚しました。

そしてその瞬間から、「母はあと一年しか生きられない」と自覚した瞬間から、「何か」がかわりました。

 

もちろんショックはめちゃくちゃでかかったですが、それよりも何よりもまず「この一年を大切に生きよう」と決意しました。

「この一年だけはできるだけ母親との時間を優先させよう」と。

余命彼氏 Vol.06 ?紡ぎ出す季節?(CV:羽多野渉)

余命彼氏 Vol.06 ?紡ぎ出す季節?(CV:羽多野渉)

 

 それは不思議とすぐ思いましたね。

 

もちろん悲しかったですが、ショックでしたが、僕よりも母親のほうが何十倍とショックなはず。

だとしたら母親を元気づけるのが自分の役割だと瞬間的に判断したのカモしれない。

   

そこから親子でもろもろの事務的な会話をしましたがそれは割愛。

ただ一つは、ここで話したことは基本的にポジティブな方向だということです。

 

人生経験のなかで割とどん底な状態でしたが、そんな時こそ明るくいこう!というのが我が家のカラーなのでね(笑)

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)

生きてさえいれば (文芸社文庫NEO)

 

 

そこで一時間くらい母と話し、そこから自分は仕事に向かったのですが、そのあとのことはまた別の記事で書きたいと思います。