脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

アイアンマンをディスっていくスタイル 映画「シェフ」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「シェフ」の感想です。

 あらすじはこんな感じ↓

 アイアンマン』監督が本当に作りたかった映画…

それは、毎日一生懸命なあなたに贈る ちょっといっぷく ムービー!
「アイアンマン」シリーズ監督のジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演4役を務め、フードトラックの移動販売をはじめた一流レストランの元料理長のアメリカ横断の旅を描いたハートフルコメディ。
ロサンゼルスの有名レストランで料理長を務めるカールは、口うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。
心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて故郷のマイアミを訪れたカールは、そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。
カールはイネスやパーシー、仲間たちの協力を得て、マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けながら、本当に大切なものを見つけていく。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95-%E4%B8%89%E3%83%84%E6%98%9F%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-AmazonDVD%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B4%E3%83%AD%E3%83%BC/dp/B018S2FQKA?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B018S2FQKA 2019/11/15閲覧

 

まずキャッチコピーがすごい。

「アイアンマン監督が本当に作りたかった映画!」

確かにジョンファブローは「アイアンマン」シリーズの監督&ハッピーホーガン役で有名です。

でもこのキャッチコピーはどうよ?(笑)

 

まるで「アイアンマンは本当は作りたくなかった」みたいな言いぐさ(笑)

 

「アイアンマンは別に作りたくなかったけど、お金のために作りました」てかい?(笑)

 

別に便乗するのはいいんですよ、ロバートダウニーjrも出てますしね。

こういう「〇〇の監督が送る!」みたいのは、映画の宣伝ではよくあることですから。

 

でも便乗しておきながら、返す刀でディスるってのはマナーとしてどうだろう。

 

 

この映画自体は「離婚し離れ離れになった父と息子が、一緒に旅をし、父の仕事の素晴らしさを知ることで関係を修復する」みたいな、アメリカの中規模映画で非常によくあるストーリーではありますが、その分鉄板の面白さがある良い映画なんですよ。

 

だからこういう宣伝の仕方をすると、映画の良さを損なう気がしてねえ・・・。

それにこの映画を見る層とスーパーヒーロー映画を見る層ってあんまり重ならない気がしますけどね。

   

だからこのキャッチコピーはそういう意味でも「どうかなあ・・・」という感じですねえ。