脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

オザケンファン閲覧禁止! SONGS 小沢健二(2019/11/16放送)が衝撃すぎた

こんにちは!

 

今回は「SONGS 小沢健二(2019/11/16放送)」の感想です。

So kakkoii 宇宙

So kakkoii 宇宙

 

 2006年の『Ecology of Everyday Life 毎日の環境学』から約13年ぶり、ボーカル入りの作品としては2002年の『Eclectic』以来およそ17年ぶりとなるオリジナルアルバム『So kakkoii 宇宙』を11月13日(水)にリリースする小沢。長い海外生活を経て改めて日本に住んでみると、日本独自の文化や風習に新たな発見があったという。今回の『SONGS』では、現在の率直な気持ちを語る場所として自ら指定したという“焼き鳥屋”から、日々の生活の中で生まれた表現者としての新たな引き出しや、父となって感じた変化をSNSを通じて140字で発信していく。


スタジオライブでは、ニューアルバムからの「彗星」と「薫る(労働と学業)」、そして1995年発表の「強い気持ち・強い愛」が披露される。

 

https://www.barks.jp/news/?id=1000174289 2019/11/18閲覧

 

我ら、時?通常版

我ら、時?通常版

 

 

この記事はオザケンファンは閲覧禁止です。

閲覧注意ではありません、閲覧禁止です。

 

絶対に読まないでください。

読んだら怒りがわいてくること必至の記事になっております。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

さて、ここからは小沢健二に思い入れのない方に向けてお届けしますね。

 

まず第一の衝撃、老けたねえ、オザケン

いやまあもう50代ですから、しょうがないですけども、しわがすごい。

オザケンって昔はあまり性別を感じさせないというか、ユニセックスな感じと言うか、「男!」って感じがなくて良かったんですが、いまや完全におじさん。

 5年前くらいに「いいとも」に出た時は「昔のオザケンがそのまま年喰った」という感じでしたが、今回はもろに「老い」を感じてしまいました。

 

というか親戚なだけあって指揮者の小澤征爾さんに似てきたね(笑)

 

そして第二の衝撃。

うさんくさくなったなあ、オザケン

髪型とか服装とか仕草とかもろもろ含め、うさんくさいおっさんになっちゃったよ。

なにやらツイッターをやっているらしいのですが、「環境」だの「エコロジー」だの「日本」だの「宇宙」だの、「あー・・・そっちいっちゃいましたか・・・」とアーティストに幻滅するもっとも典型的なパターンをたどっております。

 

犬は吠えるがキャラバンは進む

犬は吠えるがキャラバンは進む

 

 いや、昔からそうだったのかもしれないけど、なんかファッション的に若者が「エコロジー」というのと、久々に復活したアーティストが「エコロジー」と言うのでは、そこにある重みが違うんだよなあ・・・。

 

そして第三の衝撃、イタくなったなあ、オザケン

なんか今回、昔の自分を再現しようとしてない?

これ、スタッフがこういう演出を強要したんだったら、それは相当残酷なことよ。

 

若いころのオザケンって今見ても「王子様感」があるというか、すごく「爽やか」

 

戦場のボーイズ・ライフ

戦場のボーイズ・ライフ

 

 

だからその当時は「きゃー!!かわいい!!」となっていたんでしょう。

でもそれを今やってもねえ・・・。

おじさんが昔と同じことやっても、それは「アイタタタ・・・・」でしかないのよ。

時々ふっと「昔のオザケン」に戻る瞬間が、一分に五秒くらい戻るんですが、それ以外の時間はイタイおっさんが辛そうに歌ってるだけ。

 

てかオザケンってこんなに苦しそうに歌う人でしたっけ?

やっぱり本人もこれはきついって気づいてたけど、スタッフが無理強いしたパターン?

 

流動体について

流動体について

 

 

だとしたら本当に酷なことするよなあ・・・。

 

とはいえ、彼は歌手ですから重要なのは歌です、曲です。

で、それ自体はやっぱり良かったですね。

歌詞も相変わらずのオザケン節ですし、歌も以前よりうまくなった(笑)?

 

そんな感じで色んな意味で衝撃だった「SONGS」でした。