脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

今のおっさんずラブが物足りない人へ 林遣都主演「にがくてあまい」 感想

こんにちは!

 

今回は映画 「にがくてあまい」の感想です。

にがくてあまい [Blu-ray]
 

 監督 草野翔吾 脚本 大歳倫弘

 

あらすじはこんな感じ↓

 容姿端麗で野菜嫌いなキャリアウーマン・江田マキ(川口春奈)は、
ある日イケメンの男子校美術教師・片山渚(林遣都)と出会い一方的に恋に落ちる。
新しい出会いと同居相手を探していたマキは、渚の家にころがり込むことに。

しかし、渚はなんとゲイのベジタリアンだった!
それでも、渚の作る野菜たっぷりの料理に癒されていくマキ。
マキが野菜嫌いの原因となった父親・豊(中野英雄)との確執。
家族との過去を乗り越えられず苦しんでいる渚。
それぞれが抱える問題を解決していくうちに、お互いが"大切な人"に変わっていく…。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AB%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%84-Blu-ray-%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E6%98%A5%E5%A5%88/dp/B01NBIOW26?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01NBIOW26 2019//11/17閲覧

 

にがくてあまい公式レシピ

にがくてあまい公式レシピ

 

 

林遣都がゲイの青年を演じると言うと「おっさんずラブ」を思い出しますよね。

しかも新シリーズには残念ながら彼は出ていません。

彼が演じるキャラがまた見たかったのに!そう不満を持っている方もいるでしょう。

 

 

   

 

そんなあなたにはこの映画・「にがくてあまい」をお勧めします!

彼がゲイを演じます!

しかも最後まで主人公の女性を好きにはなりません。

 

 

 

ゲイなので当たり前ですが、そういうことを捻じ曲げて「結局男は女が好きなんや!」というゴミのような結論に達する作品も時にあるのです・・・。

対してこの二人は確かに仲良くはなりますが、それはあくまで「同居人」「家族」として仲良くなる、と言う感じ。

 

作家・中村うさぎさんと彼女のゲイの夫のような関係でしょうかね。

なんというか、色々と突っ込むポイントがあるにはあるのですが、そこはラブコメ(なのか?)なので良いでしょう。

 

 

 

脳はみんな病んでいる

脳はみんな病んでいる

 

 

かるーい映画ですが、その分気軽にスカッと楽しむことができます。

おっさんずラブ好きな方、おすすめです!