ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ロマンティックを止めるな! 時効警察 第四話「ゾンビ映画殺人事件」 感想

こんにちは!

 

今回は時効警察 第四話「ゾンビ映画殺人事件」の感想です。

 

時効警察DVD-BOX

時効警察DVD-BOX

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに! この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。というのも元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生。十文字らの捜査もむなしく、時効を迎えたのだ。 この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)は助手の三日月しずか(麻生久美子)と共に、まずは映画のマスターテープを鑑賞。映画は棺を開けた主演女優・折原千香子(中島美嘉)の驚愕の表情で終了するのだが、なんとマスターテープにはその直後…棺の中から唐沢の刺殺体を発見し、混乱する現場の様子も記録されていたのだ! 当時、現場には唐沢の筆跡で「俺は自殺する」と書かれた台本もあったが、警察は傷の痕などから他殺と断定。前夜には千香子が唐沢に向かって「殺してやる!」と叫ぶ姿も目撃されていたため、疑惑の目は千香子に向けられた。だが、ここで捜査に大きな壁が立ちはだかる。実は、唐沢は映画の冒頭に出演。つまり、殺されたのはカメラが回り続けていた70分の間ということになる。しかし、千香子が映画のフレームから消えたのは3分間のみ…。この“空白の3分間”に犯行を完遂するのは不可能と言っても過言ではなかった。 霧山はさらなる捜査のため、ゾンビエキストラのオーディションを経て、オリジナル版とまったく同じ場所で行われるリメイク版の撮影に参加。やはり千香子が一番怪しいと考え、検証を試みる霧山だが、やがて出演者の一人が大真面目な顔で「犯人は幽霊です」と言い出して…!?

 

脚本:小峯 裕之

監督:森ガキ 侑大

 

https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0004/ 2019/11/27閲覧

 

 

帰ってきた時効警察DVD-BOX

帰ってきた時効警察DVD-BOX

 

 

なんというか、ここまでわかりやすく映画「カメラを止めるな!」をパロディされると、いっそ清々しいですね(笑)

タイトルも、ゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』!(笑)

略して「ロマ止め!」(笑)

 

 

 

今回はそういう意味で、小ネタというよりパロディネタが多かった印象ですね。

 

そして今回のゲスト・中島美嘉

 

「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」(特典なし)

「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」(特典なし)

 

 

彼女は非常にオーラがありますねえ。

こう、生まれ持ったスターの持つ余裕と言うか、覇気というか(笑)

 

こういうゲストのチョイスが独特なところも、時効警察っぽいですよねえ。