ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

自由と孤独の物語 「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の感想です。

 

 監督 ロン・ハワード 脚本 ジョナサン・カスダン  ローレンス・カスダン

 

あらすじはこんな感じ↓

 「スター・ウォーズ」屈指の人気を誇るハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党<ハン・ソロ>となったのか?
劣悪な環境を抜け出し銀河一のパイロットを目指すハン・ソロは、幼なじみの美女キーラと恋に落ちる。だがしかし、ある出来事によって二人の未来は引き裂かれることに。キーラを救うため帝国軍アカデミーに志願したハン・ソロ。やがて彼は生涯の相棒チューバッカと運命的な出会いをする。さらに、腕利きの運び屋であるランド自慢の船ミレニアム・ファルコンを巡り、思い切った賭けに打って出る。それぞれの人生に立ち向かう彼らはいつしかチームになり、カリスマ性を持つ謎の男ベケットのもとで“自由"を手に入れるため危険な強盗ミッションに挑む。
果たして彼らは次々と迫る危機をどう乗り切るのか! ?ルークやレイアと出会う前、若きハン・ソロの想像を超えた知られざる冒険を描くアクション超大作!

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-MovieNEX-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC-MovieNEX%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-Blu-ray/dp/B07GC9FLYX?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07GC9FLYX 2019/12/28閲覧

 

 

うーん・・・。

序盤・中盤がこう、タルいなあ(笑)

終盤は良かったんですけどね。

裏切りの連続に「えー、そうだったの!」てなりましたし。

ハンソロの元カノ・ケーシーも最後裏切っちゃうし。

でも、すごく美しかったし、セクシーだったし、峰不二子感ありますね!

 

というか、ダース・モールって生きてたんですね(笑)

 

 

 さて、本作のテーマの話をすると、「孤独と自由」なのかという気がしますね。

そもそもハンソロのソロは、一人という意味の「ソロ」でしたし、「一人で死にたくない」という印象的なセリフもありましたしね。

そういう孤独に対する恐れが描かれた映画だったと思います。

 

   

 

 

上で描かれたのは孤独のネガティブな面ですが、孤独とはポジティブにとらえれば「自由」ということでもありますよね。

それは自由を求めるドロイドに象徴されているでしょうし、そもそもハンソロ自体が自由を求めるキャラクターですからね。

 

 

 

 

でもハンソロは自由ではありますが、孤独ではないんですよね。

仲間のチューバッカもいますし(出会い方が斬新笑)、友達なのかそれともカモなのか(ミレニアムファルコン)わからないランド(雰囲気出てましたね)もいますしね(笑)

 

結論を言うと、最初彼女と別れて孤独だったハンソロが、帝国軍に入ってなんやかんやあって、チューバッカとミレニアムファルコンという仲間を手に入れて、自由になる物語という感じですかね。