脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

一筆書き系ぶんがく 作品NO.123 いつかお年玉をつつむとき

こんにちは!

 

今回はお年玉のお話です、

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 いつかお年玉を送る日のことを創造して書いてみました。

 

今はもらうでもなく、あげるでもない宙ぶらりんの立場ですが、いつか上げる日が来るのだろうなあ、と。

そんな日を思ってみました(笑)

 

 

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 

ついにこの日が来た。

お年玉をもらう子供時代から、あげるオトナ時代へ。

 

俺ももう、ついに、本当に、オトナだなあ。

 

そんな感慨を胸に抱きながら、俺は100均で買ってきたキャラクターの子袋に、お金を詰める。

 

はて、いくらがいいのか。

子供の時もらった金額なんで覚えてないし、そもそも貨幣価値も多少変わっている。

 

うーん。

まあ甥・姪だしな、5000円くらいでいいだろう。

10000円じゃあ上げすぎだよな。

 

 

 続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n5677fy/