ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「犬鳴村」を最大限楽しくツッコミながら紹介するんだワン♪

こんにちは!

 

映画「犬鳴村」、なかなかに陰湿な、いやーな映画だったので(笑)、その空気を払拭するために楽しく紹介してみたいと思います!!

 

『犬鳴村』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『犬鳴村』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ムビチケ
  • メディア: Video Game
 

 

 

 

・犬好きな人にはお勧めしないワン♪

今回の映画では祟りの象徴のように犬が出てきて、なかなか畜生なことをしてくれます。

犬鳴村」ですから。

「わんわん村」ですから、別名(嘘)

犬を食いちぎったりとかね(笑)

そういうのが苦手な方にはお勧めしません(笑)

 

 

 

 

・悲惨な目にあうのは基本巻き込まれただけの回りの人々だワン♪

主人公の兄と付き合ってた女子は尿垂れ流しからの投身自殺、つるんでいたダメ人間たちは電話ボックスで溺死(コナンでこんな話しあった気がする)、事実を隠蔽し続けた医者は溺死と、周りのみんなが祟り殺される一方、主人公一家はよーく考えるとそこまでひどい目にあいません(笑)

なんか理不尽な気が(笑)

 

 

・結局、実はなにも解決されてない気がするワン♪
まあ過去の差別と血筋の話ですからね。

解決のしようがありませんが(笑)

 

   

 

・4種類の霊が登場するワン♪

顔がちゃんと見えない霊(=犬鳴村の亡霊)、呪怨系の霊(=子供を見守る地縛霊)、「イヌビト」(=霊というかクリーチャー)、貞子系の霊(=亡霊に殺された人々の霊)。

三種類しっかりみわけましょう!

なおこの映画では、わりとしっかりめに霊が登場します。

そして「霊はいる!」ということが前提となっております。

 

流水さんちの浮遊霊 (ぶんか社コミックス)

流水さんちの浮遊霊 (ぶんか社コミックス)

 

 

 

・犬鳴トンネルはタイムトンネルだワン♪

一定の条件下で、過去へとアクセスすることができます。

見分ける印は、トンネルが塞がれているかいないかです。

いなければ過去へのアクセス成功です。

清水監督の十八番ではある、時系列が解け合う感じ、時間の概念が融解する感じが終盤さく裂します。

そして、主人公は自分の出生の秘密をしります。

というか、介入します(笑)

 

 

・霊とドライブだワン♪

 

日本霊能者列伝~正しき霊統を継ぎ、天から降ろされた者たち~

日本霊能者列伝~正しき霊統を継ぎ、天から降ろされた者たち~

  • 作者:中矢伸一
  • 出版社/メーカー: 東光社
  • 発売日: 2019/08/18
  • メディア: Kindle
 

 

この映画の中でもっとも笑えるシーンです。

幽霊がおとなしく車に乗ってます(笑)

ちゃんとカーブで体が揺れる幽霊(笑)
シートベルトもしてたんじゃないの?って気がしてきます(笑)

 

 

 

・主人公はハイパー霊感少女だワン♪
最初から最後までありとあらゆる心霊現象を観測です!
ちなみに彼女は驚くことがあると「・・・えっ?」といいながら、若干アゴを突き出すクセがあります(笑)

映画のなかでこのリアクション8回は見ました(笑)

 

 

 

・親切に解説してくれる霊をガイドに、犬鳴村ツアーだワン♪

しっかりと解説をうけてから犬鳴村に!
犬鳴村最後の一夜を体験しよう!
㊟一組に一人ガイドがつきます

 

霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

 

 

終盤の犬鳴村パート、まるで体験型アトラクションのようじゃなかったですか?

 

まとめ

こんな面白可笑しい映画、見なきゃ損だワン♪

 

 

 

とこんな感じで茶化してきましたが、本当は怖くて良い映画です。

でも、ドライブのシーンは本当に笑えます(笑)