ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

今更過ぎる記事www 「THE W 女芸人No.1決定戦」の審査方法がすごく問題ありな気がする

こんにちは!

 

今回は「THE W 女芸人No.1決定戦」の審査方法のお話です。

 

 

今回の審査方法は、一ブロック4組いて、勝ち上がり方式と言うか、1と2で面白いか決め、勝った方が残り、3と戦い、そこで残った方が4と戦う。

 

これって、1番目が圧倒的に不利じゃないですか?

 

だって、1番目は3回勝ち抜かなきゃいけないわけですよね?

対して4番目は、1回勝てばいいだけ。

 

いや理論上は間違ってないんです。

一組目が98点を出して、残りの組がそれ以下なら、1組目が決勝に勝ち上がる。

理論上はね。

 

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

 

 

でも笑いって、数値化できるものでもないじゃないですか。

その場の雰囲気で決まるものじゃないですか、結構。

 

審査員も「この審査方法、難しい」と暗に批判していましたしね。

M-1以上に出順ですべてが変わる気が。

これは出てる芸人さんが可哀想ですよ。

 

   

 

「THE W」てほんと過渡期というか、わかってないというか。

オリジナリティ出すのそこじゃねえだろって言う。

 

こういうところで「THE W」という大会がまた格を下げるんだよなあ・・・。