脳内プラスチック化計劃 BYリモコン下駄夫

考えたこと・映画やアニメ・本・音楽の感想や、心に残った言葉などを、無節操に書いていくブログです! 現在の一日のアクセス数は650前後 総アクセス数は10万突破!

「仮面ライダージオウ Over Quartzer」てやっぱり変な映画 「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3」 感想

こんにちは!

 

今回は「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3」の感想です。

 

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3 (ホーム社書籍扱コミックス)

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3 (ホーム社書籍扱コミックス)

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 二度あることは三度ある──! 『邦キチ』がまたしても帰ってきた!!
邦画プレゼン漫画という謎ジャンルを完全に確立した『邦キチ』が、堂々の復活!! 今回も「映画について語る若人の部」を舞台に、邦画愛に溢れまくる天然系女子高生・邦キチが、まあまあ洋画好きの部長・洋一を相手に絶妙なチョイスの邦画(一部例外アリ)を愚直にプレゼン! プレゼン!! プレゼン!!! その視点、その愛情、その圧力──。全てにおいてシーズン2を凌駕ッ!! 銀河系初の邦画プレゼン漫画、ご賞味ください

 

https://www.amazon.co.jp/%E9%82%A6%E7%94%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F-%E9%82%A6%E3%82%AD%E3%83%81-%E6%98%A0%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93-Season3-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%A4%BE%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E6%89%B1%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4834285014?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4834285014 2020/2/2閲覧

 

 

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん (ホーム社書籍扱コミックス)

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん (ホーム社書籍扱コミックス)

 

 

相変わらず面白いですねえ。

ゴジラ FINAL WARS」が「ドンフライ」映画だとか(笑)

 

今回はゴジラ刀剣乱舞など、特撮成分多めだったのも嬉しいですね。

水嶋ヒロを「豆腐を持ってばあちゃんの説教を語るヒーロー」呼ばわりしたり(笑)、小林靖子さんをしっかり「やすこにゃん」呼びしたり、プリキュアで例えてみるあたり、作者さんとはシンパシーを感じますねえ。

 

 

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season2 (ホーム社書籍扱コミックス)

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season2 (ホーム社書籍扱コミックス)

 

 

 

そんな邦キチ! 映子さん Season3の〆を飾るのが「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」

まさかの書きおろしにこれ!!

びっくり!!かつタイムリー!!

 

この映画、2019年に劇場で見た映画ランキングの中で、「ジョーカー」に次ぐ二位にしたくらい好きな映画なんですが、邦キチにかかるととたんに珍映画に見えてくる不思議(笑)

 

いやまあ、変な映画なんですよね、確かに。

「お前たちの平成って、醜くくないか?」て確かに意味不明だし、平成生まれだけ吸い込まれるってのもよーく考えたらなんの解決にもなってないし、ライダーキックしたらロゴが出てくるのも「どういうこと?」って話。

 

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer コレクターズパック [Blu-ray]

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer コレクターズパック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2020/01/08
  • メディア: Blu-ray
 

 

でもなんでしょうね、そんな些細(なのか?)のことも映画の持つ「平成ライダー最終章」というテーマの前では「ああ、そんなこともあったね。それより!!この映画のテーマ素晴らしいよね!!」となってしまう。

 

   

 

ライダー好きであればあるほど、テーマについて語りたくなっちゃうから、その部分をあまり深めてこなかった。

 

でも、こうやって客観的に見ていくと、やっぱりこう思わざるを得ないですね。

 

 

「変な映画じゃん・・・」と(笑)