ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

「OYAKATA」(無駄に良い声) 仮面ライダーゼロワン 第24話「ワタシたちの番です」 感想

こんにちは!

 

今回は仮面ライダーゼロワン第24話「ワタシたちの番です」の感想です。

 

 

 あらすじはこんな感じ↓

サウザーの強烈な一撃でゼロワンメタルクラスタホッパーはようやく変身を解除。ダメージを受けた或人(高橋文哉)は、垓(桜木那智)の「あなたはヒューマギアによって破滅する」という言葉にショックを受け、そのまま意識を失ってしまう。そして、勝ち誇る垓のもとに「アークの意志に触れた」と言うエンジ(崎本大海)が近づいて…。

 ようやく意識を取り戻した或人の前に、復元されたマッチ(馬場良馬)が現れた。実はマッチは、千春(小宮有紗)と二階堂(ガイモン)を結びつけるためにわざと暴走したらしい。胸をなで下ろす或人だが、メタルクラスタキーのダメージが大きい。イズ(鶴嶋乃愛)はそんな或人をDr.オミゴト(高橋光宏)にまかせると、すべてのヒューマギアに呼びかけ、ある作戦を実行に移す。

 エイムズ本部では、拘束された滅(砂川脩弥)が、諫(岡田龍太郎)に「いずれ全てのヒューマギアが、アークの意志に従う日がくる」と予告をする。「俺は俺のルールで動く」と言い返す諫だが、滅は「なぜ言い切れる?」と不気味な笑いを浮かべて諫を見下す。

 最強匠親方(長江英和)と宇宙野郎昴(桑畑亨成)は、滅亡迅雷.netのアジトで飛電メタルとメタルクラスタキーのデータを入手。データを受け取ったイズは、再びすべてのヒューマギアに、メタルクラスタキーを構成するアークの悪意のデータを打ち消すため、善意のデータが必要と訴える。ヒューマギアたちの或人を思う気持ちはジョブキーとなって現れ…。

 最強匠親方らがデータを入手したのは、実は垓に近づいたエンジの働きによるものだった。エンジに騙されていたことを知った垓は激怒。エンジにゼツメライズキーを装着、アルシノマギアとして暴走させ、自らはサウザーに変身。アルシノマギアを攻撃する。

 アルシノマギア=エンジを救おうと或人が現れた。イズの「変身してください!」の声に迷う或人だったが、「ヒューマギアを信じてください」というイズに意を決してゼロワンメタルクラスタホッパーに変身する。

 変身直後は苦しむ或人だったが、みごとにその力を制御。さらにイズからヒューマギアたちの善意で作られた武器プログライズホッパーブレードを受け取り、意気揚々とサウザーに立ち向かう。

 ゼロワンメタルクラスタホッパーはサウザーを圧倒。さらにプログライズホッパーブレードでアルシノマギアをエンジへと戻してしまった。ヒューマギアの力を信じたからこそ手に入れたパワー…。メタルクラスタホッパーはサウザーを粉砕、変身解除へと追い込む。

 プログライズホッパーブレードでヒューマギアの暴走も抑えることができた。ヒューマギアの契約件数も再び持ち直し、或人は「やっぱりヒューマギアは夢のマシンだ」とイズの前で決意を新たにする。

 しかし、エイムズの本部では、滅の姿が消えていた。いったい何が、どうなっているのか…!?

監督 脚本:高野水登
:諸田 敏
 
仮面ライダーゼロワン&オール仮面ライダーだいひゃっか (講談社のテレビえほん)

仮面ライダーゼロワン&オール仮面ライダーだいひゃっか (講談社のテレビえほん)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/08/08
  • メディア: 単行本
 

 

仮面ライダーゼロワン、なかなか面白くなってきましたね!

 (というかお仕事対決が地獄過ぎた・・・)

 

 

今回の歴代の今まで出てきた(寿司職人とかワンシーンのために呼んだのか・・・?笑)ヒューマギアが、ヒューマギアプログライズキー(?)に善意を集めて、メタルクラスタホッパーを克服!(というか触れただけで悪意が映るって、今話題の激やばウイルスみたいですね・・・)という流れはアツい!

 

でも一回外装はがれたから見た目が変わるのかと思ったら、変わらなかったですね(笑)

思わず「いや、一緒かい!」とテレビにツッコんでしまいましたよ(笑)

 

 

仮面ライダーゼロワン DXメタルクラスタホッパープログライズキー

仮面ライダーゼロワン DXメタルクラスタホッパープログライズキー

  • 発売日: 2020/02/15
  • メディア: ウェア&シューズ
 

 

 

あとエンジ君よ、なぜばらした??(笑)

演技だったのはいいけど、最後まで貫けや!

予想できた結果だろうよ・・・。

 

   

 

そして親方さんよ、そんな重要キャラみたいに出てくんな!(笑)

テレビに「いや、親方かい!」とツッコんじゃいましたよ(二回目)。

 

ちなみに「親方」は英語で「OYAKATA」(無駄に良い声)だそうです(笑)