ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

一筆書き系ぶんがく 作品NO.174 分断 コロナゴの世界

こんにちは!

 

今回は「進撃の巨人」風味のお話です。

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 今のこの世界とよく似た世界「コロナゴ」。
「あれ」が広まったこの世界では、「壁」が世界中で乱立していた。

 

 

コロナゴが何を意味するのか、今の日本の状況をみればお判りでしょう。

 

進撃の巨人(31) (講談社コミックス)

進撃の巨人(31) (講談社コミックス)

  • 作者:諫山 創
  • 発売日: 2020/04/09
  • メディア: コミック
 

 

冒頭の文はこんな感じ↓

 

「あれ」は今も広がり続けているらしい。

今も死者・感染者ともに増え続けているそうだ。

 

でももう、それは日常になった。

マスクをつけることも、テレワークも。

 

学校はもう、何年も機能していない。

学生たちは家でインターネット上に転がるネット動画で授業を受けている。

 

 

世界中に壁が出来た。

旅行することもままならない。

既に感染者が出た街からは、感染者を出さないため。

感染者がまだいない街には、感染者を入れないため。

 

もはや旅行もままならない。

街から出ることすらも。

 

いや、家から出ること、さえも。

 

 

 続きが気になる方はこちらへ↓

https://ncode.syosetu.com/n1967gb/