ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

「だけど涙が出ちゃう。女の子だもん」の真実 山崎敬之著「テレビアニメ魂」 感想

こんにちは!

 

今回は山崎敬之著「テレビアニメ魂」の感想です。

 

テレビアニメ魂

テレビアニメ魂

 

 あの感動と笑いには理由があった!星飛雄馬は、最終回で死ぬはずだった。『オバケのQ太郎』は人気絶頂のときに打ち切られた。苦しくたって…の歌詞は二日酔いの男が作った。消える魔球の謎を考えるための合宿が行われた。『天才バカボン』は再放送のほうが視聴率が高かった。宮崎アニメの秘密は「動画枚数」にある。『ベルサイユのばら』監督は声優に交代させられた。素人が描いた顔1枚だけが原作のアニメがある。テレビアニメの「へぇ」満載。

 

amazon.co.jp/テレビアニメ魂-山崎-敬之/dp/4061497898?SubscriptionId=0RYS4FKCB8D90Y669QR2&tag=hatena-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4061497898 2020/2/8閲覧

 

 

 

テレビアニメ勃興期を支えたプロデュース兼脚本家・山崎敬之さんの様々なメジャーアニメの裏話集です。

オバケのQ太郎」「巨人の星」「ルパン三世」「くまのプーさん」などなど、「へぇーそうだったんだ!!」と驚きの裏話が続出します。

 

例えば「アタックNO.1」は原作をよく知らない状態で、二日酔いの時に書いたもの。

 

   

 

だから作詞者である山崎さん自身が歌詞の中の「だけど涙が出ちゃう。女の子だもん」をまったく気にいっておらず、聞くたびに冷や汗がでるそうです(笑)

 

まあある意味、正気だったら書けなかった歌詞かもしれませんね・・・(笑)

 

アタックNo.1 全7巻・全巻セット (ホーム社漫画文庫)

アタックNo.1 全7巻・全巻セット (ホーム社漫画文庫)

 

 

そのほかの面白かった部分で言うと、今の政策委員会方式になる前のアニメでは(今もかもしれませんが)スポンサーが各話の出来をチェックする会議があり、そこでスポンサーのえらいさんを納得させるのが一苦労だった、とか。

 

大塚製薬には女帝がいたそうですよ(笑)

 

そんな感じで懐かしいアニメの面白裏話が読めるこの本、おすすめです!!