ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

M1で勝つには、うねるかうねらないかです BY塙宜之(ナイツ)

こんにちは!

 

今回は塙宜之(ナイツ)さんの言葉をご紹介します。

 

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか (集英社新書)
 

 

それがこちら!

僕の中で「うねり」と呼んでいる現象があります。

客席が爆発する感じです。

 M1で勝つには、うねるかうねらないかです

 

塙宜之 言い訳 集英社

 

ナイツ独演会 エルやエスの必需品 [DVD]

ナイツ独演会 エルやエスの必需品 [DVD]

  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: DVD
 

 

これ、すごくよくわかります!!

M1を生で見ていると「あ、いま流れが変わったな」という瞬間があるんです。

 

去年の「ミルクボーイ」や一昨年の「霜降り明星」などの歴代優勝者たち、オードリーや笑い飯鳥人」、ジャルジャルの「国名わけっこ」などのネタの時に、この「うねり」が起きるのをTVで見ていて感じました。

 

こう「あ、今完全に客の心をつかんだな!」というか、塙さんの言うように「爆発的な笑い」というか。

ちゃんと見ているとわかるもんなんです、「あ、今年の優勝はこの人たちだな!」って。

 

   

 

(とかいいつつ、去年の優勝は最後までかまいたちだと思ってましたが笑)

 

それは「笑いの神がほほ笑んだ」とか「M1に愛された」などと表現されてきましたが、M1審査員である塙さんが「うねる」と表現した以上、これからは「あのコンビはうねる!」「今年はうねったなあ・・・」などと言うべきなんでしょうね(笑)