ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

金魚島にロックは流れる? 映画「夜明け告げるルーのうた」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「夜明け告げるルーのうた」の感想です。

 

 

監督:湯浅政明 脚本:吉田玲子 湯浅政明

 

あらすじはこんな感じ↓

 寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。
もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。
父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。
唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。
ある日、クラスメイトの国夫と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。
しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。
楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、
少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。
しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。
ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。
カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B073V47RXT?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2020/4/8閲覧

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」 DVD 通常版

「夜は短し歩けよ乙女」 DVD 通常版

  • 発売日: 2017/10/18
  • メディア: DVD
 

 

 

まず最初に思うのは「ポニョっぽいなあ」ということですよね。

ちゃんと見れば「ポニョ」とは全然違うんですが、設定や一見したビジュアルや絵柄なんかはけっこう「ポニョ」っぽい。

 

そしてストーリー的に「似てるなあ」と思ったのは「金魚島にロックは流れる」という小説。

 

金魚島にロックは流れる(1) (YA! ENTERTAINMENT)

金魚島にロックは流れる(1) (YA! ENTERTAINMENT)

 

 

これはタイトルの通り、孤島「金魚島」出身の姉と弟がロックバンドを組み、色々な障害を乗り越えながらアーティストとして成功していく、というお話。

なんとなく似てません?

 

まあ。これには不可思議生物は出てきませんけどね(笑)

 

   

 

なのでこの映画は個人的に「ポニョ」と「金魚島にロックは流れる」を足して、2で割って、湯浅監督のオリジナリティでその二つを強引に合体させたもの、という印象ですね(笑)

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com