ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

映画「巨神兵東京に現る 劇場版」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「巨神兵東京に現る 劇場版」の感想です。

 

 

監督 樋口真嗣

脚本 庵野秀明

言葉 舞城王太郎

 

こういう怪獣映画が見たかった!!!

10分程度の短編ですが、こういう短編だからこそできる、一切救いのない破壊と絶望の物語。

圧倒的なクオリティの特撮で描かれる、巨神兵による東京大破壊。

これがとにかく気持ちいい。

 

結局怪獣映画のカタルシスは破壊にあるんだなあ、とよくわかりますね。

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

また、「言葉」を担当したのは小説家・舞城王太郎なんですが、彼の個性がめちゃくちゃ出ていますね(笑)

「これぞ!王太郎節!」という感じ。

 

   

 

それにしてもこれがあの「ナウシカ」に繋がっていくとはねえ(笑)

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com