ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

期間限定リバイバル上映 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 序」 通常版 を観てきた感想!

こんにちは!

 

今回は期間限定リバイバル上映 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 序」を見てきた感想です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 インターフェイスヘッドセット アスカVer.

 

12/4より期間限定で全国の劇場にてリバイバル上映している「新劇場版」。

自分は序&破を劇場で見てまいりました!

本当はQも見たかったんですが、どうしても予定が合わず見ることができませんでした・・・(序→破→Qという順番で続けてみれるように、という配慮なのか知りませんが、Qが遅い時間にしかやってない泣)。

また、できれば4DX版で見たかったんですが、当然のごとくうちの近所の劇場で4DXは導入していないので、通常版です・・・。

 

ただまあ1100円で見れるのはいいですね!

序も破も劇場で見たことなかったので良い機会でした!

安い!

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

内容としては、冒頭に「シン・エヴァ」の特報3がついているくらいで、あとは本当に「1.11」ですね。

 

でも劇場なだけあって迫力がありましたねえ。

音もでかい(ちょっとうるさいレベル)ので、戦車とか戦闘機とかの音のディテールがよく聞けて楽しいです。

あとはやっぱりヤシマ作戦ですね!

劇場の大画面で見ると、「ちゃんと映画のクライマックスになっているなあ」と。

第6の使徒のCGをフル活用した表現も良いですし、強すぎるし(笑)

 

   

 

そしてミサトさんですね。

改めて「序」がTV版と違うのは、ミサトさんが大人になったというのが大きいんだろうなあ、と。

ミサトさんが変わったからシンジ君が変わり、破ではシンジ君が変わったからレイもアスカも変わっていく。

そして破のラスト、変わったレイとシンジ君が、世界をも変えてしまう。

その変わってしまった世界が、Q。

 

なんて風に考えると、意外と新劇場版は筋が通っているのかもしれません。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com