ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

魔進戦隊キラメイジャー エピソード43 汚れた英雄 感想

こんにちは!

 

今回は「魔進戦隊キラメイジャー」 エピソード43 汚れた英雄 の感想です。

 

スーパー戦隊シリーズ 魔進戦隊キラメイジャー Blu-ray COLLECTION 3

 

あらすじはこんな感じ↓

 

充瑠が夢でみたクリスタリアの少年の正体は…ガルザだった。
だが、そのガルザは楽しそうに絵を描いていた。
輝いていた。キラキラしていた。

その少年は今、ヨドン皇帝をも掌握。
ロードガルザを名乗り、破壊神になろうとしている。

何故、変わってしまったのか。
そして、何がガルザを変えたのか。

決戦のためにヨドンへイムへと乗り込まんとする
キラメイジャーの中にあって、1人思案していた充瑠だったが、
オラディン王を救うため、そして真実を求め、
意を決し、仲間と共に走り出す。

その背中を、ファイヤが不安そうに見つめていて――。
 
 
監督 渡辺勝也
 
脚本 荒川稔久



 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

 

 

ガルザとオラディン王の過去。

ジュルとガルザのクリエイターとしての共通点。

オラディン王とジュルも共通点がありましたが、実はガルザとジュルにも似ているところがあった。

兄弟だから通じるところがあるんでしょうか。 

   

 

 

そしてラストで消滅(?)してしまったジュル!

まさか主人公不在のまま最終回、なんてことにはなりません、よね?

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com