ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数62万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

ドンピシャ世代にはひたすら心に沁みる映画 「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」 感想

こんにちは!

 

今回は映画「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」の感想です。

 

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 豪華版 [Blu-ray]

 

 

あらすじはこんな感じ↓

 
ストーリー
太一とアグモンたちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から十年以上が経過した2010年。
世界中の“選ばれし子どもたち"は徐々にその存在が認知され、現実世界にデジモンがいる風景も珍しくなくなっていた。
太一は大学生となり、ヤマトたちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。
そんな中、世界中の“選ばれし子どもたち"の周囲で、ある事件が起こり始める。
太一たちの前に現れたデジモンを専門に研究する学者・メノアと井村は、"エオスモン"と呼ばれるデジモンが原因だと語り、助力を求めてくる。
事件解決に向けて、太一たち選ばれし子どもたちが再び集結。
しかし、エオスモンとの戦いの中でアグモンたちの“進化"に異変が起こる。
その様子を見たメノアは、太一たちに衝撃の事実を語る。
選ばれし子どもが大人になった時、パートナーデジモンはその姿を消してしまう――。
エオスモンの脅威は、次第に太一の仲間たちにも及んでいく。
戦わなければ仲間を救えない、しかし無理な戦闘はパートナーとの別れを早めていく事に。
ずっと一緒にいると思っていた。
一番大切な存在と別れてでも戦うのか?“選ばれし子ども"が大人になるということ―。
変えられぬ宿命を前に、太一とアグモンの"絆"が導き出す、自分たちだけの答えとは?

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B089KMKQDR?tag=hatena-22&linkCode=osi&th=1&psc=1 2021/1/18閲覧

 

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

うーん、沁みたなあ・・・。

これは、心に沁みたなあ・・・。

 

もちろん映画として色々「ん??」てなる部分とか、「は??」てなる部分もまあ、あるにはあった!

ツッコミ所は多々あった!

 

けれども!

だけれども!

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

もう冒頭のデジモン進化バンクのあの音!

挿入歌「ブレイブハート」!

そして主題歌「バタフライ」のOP!!!

 

もうね、ここでノスタルジーモード全開になってしまってねえ。

そこからはもう、デジモンを見ていたあの頃に戻ってしまい、すごく懐かしくて感動してしまったねえ。

 

   

 

もう一本の映画とか、アニメ作品という評価軸では語れないですよ。

ひたすら「懐かしい!!!」というノスタルジックで幸せな気持ちのまま終わらせてくれたので、もうオールオッケー!!!

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

またねえ、「デジモンと別れる」=「大人になる」というめちゃくちゃわかりやすく提示されるテーマ(ご丁寧にデジヴァイスに残り時間のカウントが出る)もこれまた沁みたなあ・・・。

デジモンリアタイ世代がこの映画公開のタイミングの年齢でちょうど悩んでいることをドンピシャでついてくるんだもん、そりゃあ沁みますよ。

 

もうね、最後まで「デジモン懐かしい!」という気持ちが持続しただけで合格点なんですよ。

それは「デジモンアドベンチャー tri」では出来ていなかったことですからね。

 

それにしても「tri」、一応今回のラスエボは「tri」から世界を引き継いでいるはずなんですが、キレーにその痕跡が消され、すっかり「なかったこと」にされてますね(笑)

 

ま、そんな黒歴史はどうでもよくて、ターゲットど真ん中世代の自分にはとても「沁みた」作品でした。

今、このタイミングで見ることに意味がある映画というか。

 

10年後とかに見たらさすがにこの悩みは克服してるでしょうからね(笑)

デジモン初代リアタイ世代の方は是非見て下さい!!!

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com