ほほえみデブの映画・特撮・アニメ報告!

特撮・アニメなどの子供向けコンテンツや漫画・ゲームについてたくさん書きます!  総アクセス数20万突破! もうひとつのブログはこちら https://rimokongetao2.hatenadiary.jp/

機界戦隊ゼンカイジャー 第5カイ! 握り握られスシ大会! 感想

こんにちは!

 

今回は「機界戦隊ゼンカイジャー」 第5カイ! 握り握られスシ大会!  の感想です。

機界戦隊ゼンカイジャー ゼンカイジャーゼンカイなりきりセット

 

あらすじはこんな感じ↓

 

5人揃ったゼンカイジャー!
しかしトジテンドの掃除係だったブルーンから、思いがけず両親の名を聞く介人。
母ちゃんと父ちゃんは、もしかしてトジテンドにいる‥‥!?

そんな油断をスシワルドに見透かされ、介人とジュランは寿司として握られてしまう。

同じく握られ苦しむ人々に、自責の念を感じる介人。
両親のことばかり気を取られて、肝心の人助けにまるで心を砕いていなかった。
落ち込む介人に、ジュランが語る言葉とは――

一方、決死の救出作戦を敢行するガオーン・マジーヌ・ブルーン。
そこに行動隊長バラシタラまでもが立ち塞がり‥‥!?

ゼンカイジャーとトジテンド、勝利を握るのは果たしてどっちだ!?
 
 
監督:諸田敏
 
脚本:香村純子

 

 

 

https://www.toei.co.jp/tv/zenkaiger/story/1225609_3141.html 2021/3/28閲覧

 

rimokongetao.hatenablog.com

 

 

今回のテーマはお寿司。

握られてしまってます、ゼンカイザー。

そのゼンカイザー/カイトは、両親を追い求めて突っ走ってしまったことを反省。

彼の中にある両親への思いとヒーローとしての責任感。

 

   

 

普通ならもう少し悩むところですが、カイトは悩んでも一瞬。

さっぱりした男ですねえ、カイト。

自分は好きですよ、その思い切りの良さ。

 

関連記事はこちら↓

 

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com

rimokongetao.hatenablog.com